まず「婚活」って一体何なのか?そして、どうして婚活をするのか?

現代では色々な活動に○活といった言葉がよく生まれております。

例として社会人になる学生さんであれば就職のために活動することを略して..

「就活」

「自分が死んだ後に残された人が面倒にならないようにしたい」

..といった思いから、生前に色々な整理をつけておく「終活」といった様々な活動に「○活」という言葉が使われています。

そして、いつ頃か結婚のために活動することを「婚活」という形で表現されるようになり、文字通り結婚のための活動をする方々の間ではお馴染みの言葉となりました。

婚活をする背景は人によって様々であり、周囲が結婚していくからの焦り、もしくは親などから..「早く結婚するべき」と周囲から言われて渋々と…、などで婚活をしている方は多いでしょう。

しかし、漠然と婚活をするとしても..

どういう事が婚活と言えるのか?

何をすればいいのか?

..となるだけです。

婚活に必要な準備は自分を見つめて整理すること。ただし、力み過ぎないように…

婚活に必要なこと、と言えば出会いは当然ですが他にも様々な必要なことはあります。

まずは自分のスペックを確認するため、自分の年収、趣味、そして相手に求める点をまとめてみたり、整理することが必要なこととして最優先になります。

もちろんですが、ここで嘘の年収や年齢は後々トラブルを招くので、正直に、そして飾らずに整理しなければなりません。

婚活で一番辛いかもしれませんが、真っ先に知っておきたい、押さえたいポイントは..

「自分のスペック」を確認することです。

そして、相手に求めるポイントもまとめてみることで、これまた厳しい表現ですが..

「現実を見る」ということも大事です。

もちろん、自分に足りない点などは自分を磨いたり、自分が置かれているの環境を変えることも婚活に必要な要素と言えるでしょう。

ただし、あまり気負いすぎては婚活前に根気もやる気もなくしてしまいますので、適度に力を抜くことも忘れないようにしましょう。

マリッシュ

昔の婚活と比べてみる。現代における婚活の出会いの場と言えば何なのか?

婚活における一番重要な要素は「出会いの場」でしょう。

やはり、理想的なお相手が向こうから自分の家にやってきてくれるというのは、現実的に考えてドラマやアニメでもない限りありえない話です。

そのため、自分から機会を手に入れるために活動しなければ、婚活で素敵な方との出会いはありえないのです。

まず、「男女が出会う場と言えば何を思い浮かべるか?」という点について考えてみましょう。

男女が出会う場といえば、まずは職場、次に合コン、といった場がよく挙げられます。

次に昔はかなり主流だった方法が「お見合い」や、お見合いパーティーといった方法ですが、今ではお見合いは昔ほど定番では無く、お見合いパーティーも最近では「婚活パーティー」と呼び方が変わることもあります。

あとは結婚相談所といった出会いの場をセッティングしてくれるサービスを利用するといった方法がありますが、今では婚活サイトといった選択肢も増えてきました。

matchbook(マッチブック)

インターネットとスマートフォンの普及が産んだ「婚活サイト」「婚活アプリ」の登場

インターネットやスマートフォンの普及によって生まれた物はとても多く、インターネットが発達したことで婚活サイトも登場してきました。

婚活サイトの入会方法や流れ

そしてスマートフォンと言えばもはや多くの方が所持しており、スマートフォン向けに婚活アプリまで登場しております。

ここで気になるのが両者の違いですが、婚活サイトの本質はほとんど似たようなものなので、この2つに大きな違いはありません。

強いて言えば、スマートフォンが登場する前は婚活サイトがマッチングの選択肢の一つとなっており、婚活アプリの登場でスマートフォンからも婚活情報などを手軽に仕入れられるようになったという点ぐらいなものです。

さて、この婚活サイトを利用することについて、多くの方がまず考えるのが..

「利用して大丈夫なのか?」という点です。

やはり、婚活サイトもボランティアではありませんし、何だか危険そうなイメージも無いわけではありません。

果たして婚活に婚活サイトは必須なのでしょうか?

絶対は無い!婚活サイトはあくまで出会いのチャンスを増加させるものである

まず、前提としてサイトは何のために、誰のために存在しているのか?という点から考えて見ましょう。

そもそもサイト、アプリも運営をしている側も「あなたに素敵な相手を見つけることが目的です」ということを善意やボランティアでやっているわけではありません。

婚活サービスの本気度とコストの分布図

サイトにも無料で利用・登録できる場合もありますが、月額料金を払わなければ利用できないという運営もあります。

もちろんですが「お金を払っているから良い相手と出会える!」という保証もありませんので、あくまで婚活サイトは出会いのチャンスを増加させる存在にしかなりません。

あくまで出会えるかどうか?..はその人次第であり、サイトが理想の相手をバッチリ選んでくれるというわけではないのです。

..とはいえ、外へ出ない、合コンとかも機会が無い、他の方法が選択肢として選べないなどの理由があれば、婚活サイトを全く利用しないという手も無くはありません。

結婚仲介所

婚活サイトの悪いイメージ?正直言って利用するのが怖いのですが…

婚活サイト、マッチングアプリに対して悪いイメージをお持ちの方も多いでしょう。

確かに、婚活サイトによっては悪質な輩が運営していることもあり、運悪くそんなサイトに登録すると、個人情報は持っていかれる、高額な月額料金は払わされる、挙句に退会しようとしたら高額な退会金を請求されるといったトラブルも無いわけではありません。

しかし、これらの被害が発生する前に、婚活サイトを利用する前に確認すべき点は押さえましょう。

まずはせっかくネットワークを利用しているのであれば、利用しようとしているサイトの評判はいくつかのレビューや利用者の声などを色々な角度から確認したりして確かめましょう。

また、プライバシーマーク(事業者が個人情報の取扱いについて適切であるかを外部より評価する制度)を取得しているか?退会の方法、料金システム、特定商取引法の表示があるか?なども確認しましょう。

マッチ・ドットコム

婚活サイトには無料と有料があるけど、これってどっちが有利なのか?

婚活サイトにおいて気になる点として、利用料金は優先順位が高い位置にあります。

やはり..

「お金を払っているのに成果が出ないのは…」

「無料のがあるのに有料を使う意味はあるのか?」

..といった理由から、無料の婚活サイトを利用する方も多いです。

婚活サイトジャンルのサービス分布図

しかし、(必ず全てがとは言いませんが)そもそも無料であることはかなり敷居が低いので始めやすい反面、集まる人の質も無料であることから「相応」な点については覚悟しなければなりません。

逆に有料であれば確かにお金はかかるかもしれませんが、その分「お相手を本気で探している方」が集まるといった可能性は無料な場合よりも高くなります。

だからといって「有料ならバッチリ!」と100%の保証があるわけではありませんので、あくまで本気でお相手を探している人に出会える確率が有料のほうが高いだけであり、利用料金が無料なほうでもお相手と出会って結婚できた方も0ではないのです。

婚活サイトを利用する前にやることって何?面倒でも確認すべきことは?

実際に婚活サイトを使用する場合、まずは何を確認するべきなのでしょうか?

一つは利用したいサイトの年代層であり、何らかの理由が無い限りは自分の年齢に近いお相手を探す場合が多いです。

しかし、サイトには利用する人の年齢の偏りが発生するので、まずは婚活サイト、アプリの年代層の確認は必須です。

上記でも述べましたがプライバシーマークや特定商取引法の表示といった、まともな婚活サイトを運営する会社なら取得している、表示している箇所を探しましょう。

利用したいと思っている婚活サイトが有料なら、どういった料金システムになっているかはもちろんですが確認しましょう。

また、その料金に見合ったサービス内容かどうかもしっかり目を通しましょう。

退会方法もきちんと確認しましょう。

もし、お相手が見つかったりすればもはや用はありませんが、退会に手間取って余計なお金を払う前に婚活サイトを退会、サービスを停止する方法も確認必須です。

ゼクシィ恋結び

婚活サイトだけが悪質じゃない?お相手探しで気をつけたい点について

さて、婚活サイトに登録できたならいざお相手探し、となりますが、ここからがある意味本番と言えるでしょう。

婚活サイトの成婚率とユーザー数のピラミッド図

というのも、昔から良くある「結婚詐欺」をする詐欺師、ただの遊び相手探しをしているだけの人、そして男女共通で偽りのプロフィールや顔写真を貼るプロフィール詐欺などもあります。

ではこういった輩はどうやって見抜けばいいのか?についてですが、前提として人の心を見透かせる力でもない限りはプロフィールなどの段階で完璧に見抜く方法はありません。

結婚詐欺をする輩も美男美女ばかりではなく、意外にも地味な人にもいたりします。

ましてや「結婚する気が無い出会い、遊び目的」の人、プロフィール上で嘘を付いている人を見破るのは至難ですが、全く対策が無いわけでもありません。

ブライダルネット

婚活サイトでこちらが「怪しい」と思われないようにするにはどうすればいいか?

婚活サイトを利用する結婚詐欺師、もしくは結婚する気がない輩やプロフィール詐欺は見破るのはとても困難です。

しかし、このような婚活サイトでは、逆に自分が嘘を付いてしまうことだってありえるのです。

どうしても婚活サイトのプロフィールで自分をもっと「よく魅せたい!!」という願望から、嘘をつく人もいます。

ですが「この程度の嘘なら…」と思っていても、相手からすれば「嘘を付くなんて最低な人だ!」と、何が怒りのポイントになってしまうかわかりません。

身長を2~3cm誤魔化す、年収をちょっと多めに入力するぐらい…でも、相手によっては怒りだすかもしれません。

相手が嘘を付くのはともかく、こっちまで嘘を付くのはオススメできないため、プロフィール編集時は注意しましょう。

Copyright© 婚活コンムス , 2018 All Rights Reserved.