50歳前半になると、今更結婚なんて、と考えてしまいます。特に部長や課長などの管理職に就いていると、仕事が充実している事もあって結婚しなくてもいいやと思ってしまうものです。でも、50歳を過ぎて定年退職をしたら、その充実している仕事もなくなってしまうんです。

まだ間に合う!管理職に就く50歳前半男の婚活へ向かう道のりとは!?

正直、自分は結婚なんてしなくていいや、なんて思ってました。

仕事は充実していて部長まで出世できたし、プライベートは趣味の鉄道を楽しんでたしで、僕の中には結婚なんて言葉はありませんでした。

一応、30代の時は結婚したいと思ってたんだけど、40歳を過ぎると自然とそんな感情もなくなっていましたね。
そんな僕ですが、50歳を過ぎたあたりで、急に結婚を意識するようになったんです。
やっぱり、50歳を過ぎるとどうしても「定年退職」を考えるようになります。
それを考えた時に、仕事を辞めた後、僕は一人になってしまう。それが嫌で、結婚をしたいと思うようになったんですね。
でも、50歳を過ぎて始めた婚活は、大変の一言でした。
そんな僕が、婚活で大変だと感じた部分を紹介したいと思います。

婚活パーティーで50歳過ぎは厳しい

婚活と言えば、まず婚活パーティーを思い浮かべます。
でも、婚活パーティーに50歳過ぎの男性が出席するのは、正直厳しい!
というのも、婚活パーティーには年齢制限があるものも多いんですよ。
40代までという婚活パーティーも多いし、50歳OKでも高収入男性じゃなきゃダメとか、参加にも色々条件があるんです。
一応僕は部長としてそれなりに給料を貰っていたのもあって、50歳前半でもいくつか婚活パーティーに参加することが出来ました。
でも、50歳過ぎで参加している男性が少ないのもあって、やっぱり僕は少し浮いてしまっていたりして、居心地があまり良くなかったです。
女性達も50歳過ぎの男性なんて中々結婚対象に見られないようで、僕自身ちょっと余所余所しさを感じていました。
まあ、50歳前半の定年退職が見えてる男性を結婚対象に考えるのは、僕自身が女性だとしてもまず難しいと思うので、仕方ないですけど。
婚活パーティーにはいくつか参加したんですが、結局上手くいかなかったですね。
あくまでも僕自身の体験談で、婚活パーティーで成婚までいった50歳過ぎの男性も大勢いると思いますけど。

50歳前半の婚活は結婚相談所

僕自身が婚活に向いているな、と感じたのは結婚相談所です。
結婚相談所といえば、登録料や成婚料など色んな事でお金を払わなければいけない、お金がかかる婚活というイメージがあります。
実際に、結婚相談所を利用するならお金が結構かかります。
でもその分、登録者のフォローが完璧なんです。
僕自身50歳過ぎなので、もう恋愛の仕方やデートの誘い方など、恋愛に関する全てをほぼ忘れかけていました。
でも、結婚相談所の専任アドバイザーはそんな僕に恋愛や結婚について、僕の忘れかけていた事をしっかりフォローしてくれるんです。
これが僕にとっては、本当に助かりましたね。
結婚相談所はお金かがかりますが、部長職でそれなりに貯金はあったので、アドバイス付きの婚活と思えばそこまで高いと感じませんでしたね。
人によっては婚活パーティーが合う人もいると思いますが、僕は50歳過ぎの婚活には結婚相談所をおすすめしますね。

結婚相談所で紹介された女性と結婚

僕自身に合ってると感じた結婚相談所。
この結婚相談所で紹介された女性と、僕は結婚する事が出来ました。
部長という管理職についてるのも影響して?なのか、結婚相談所からは結構沢山の女性を紹介されました。
その中で僕が結婚相手に選んだのが、40歳後半の女性です。
50歳過ぎの僕は今更子供なんて考えていなかったので、結婚相手に求めたのは自分に合うかというそれだけだったんです。
その女性は話も合って一緒にいても落ち着くし、何より教師という仕事に誇りをもって働いている。
そんな姿に惹かれて、僕は結婚を決めました。
実際に成婚に行くまで結婚相談所のカウンセラーに沢山アドバイスをもらったので、とても助かりましたね。
結婚に行くまでは結構長い道のりだったんですが、無事に結婚できた今は老後の不安も消えて、仕事もプライベートも楽しく感じるようになりました。
50歳前半で結婚をあきらめている人、まだ結婚をあきらめるのは早いですよ!
こんな僕ですら、結婚できたんですから。

-50代

Copyright© 婚活コンムス , 2017 AllRights Reserved.