恋愛で本命ではないものの、キープをしておきたい相手が出てくる場合があります。時間が限られる中で恋愛をするとなると、次のターゲットがいた方が安心感があるからです。婚活においても同じですが、メリットデメリットを考える必要があります。

キープしたい相手がいる場合はどうすれば?恋愛の婚活ポイントは

更新日:

恋愛においてキープしておきたいという相手が登場する場合があります。

半分異性の友人のような存在であることや、本命より若干条件が劣る人など、キープしたいと思う理由は様々です。

注意したいのは、キープされる方にも自分の意志があることです。

気持ちが変わる可能性があることや、維持にかかる労力などメリットとデメリットを考える必要があります。

キープ自体が悪いこととは言えない面もある

キープを自然にする人もいれば、全く受け付けない人もいます。

人によって価値観の違いがあるため、キープに関する認識も異なるからです。

キープしたい相手がいる場合はどうすれば?恋愛の婚活ポイントは

例えば、キープ対象の人とも付き合っている場合は二股になってしまいます。

この状態で婚約者などを作ると法的に責任を追求される可能性も出てきます。

ただし、恋人関係でなければ特に問題はなく、友人として付き合うことも可能だからです。

後は本命とのバランスの問題になり、隠すのかどうかといった話になってきます。

キープしている相手との関係維持にも時間や労力が必要になることも多いのもポイントです。

本命との恋に悪影響を与える可能性も含めて考える必要があるのです。

キープをすることでできなくなることがある

キープする存在がいるのは、時間の節約や保険として有効です。

一方で、一途な姿をアピールしづらくなるなどデメリットも存在します。

なぜ上手くいかなかったら別の人を探すのではなく、キープをし続けるかも考える必要があります。

恋愛に自信がないからキープがいないと不安になるという人もいて、決断ができないことから悪循環に陥ってしまう場合もあるからです。

本命とキープが選べなくなってしまうようでは本末転倒になってしまいます。

また、本命と付き合うことになった際に言葉の告げ方が悪いとトラブルになる場合もあります。

どのような関係を築くかも含めて、しっかりと考えておく必要があるのです。

婚活の場合のキープはまた違った話になってくる

婚活の場合のキープは、また違った話になってきます。

特に結婚相談所などでキープをつくるのは危険で、会員間でトラブルにならないように情報が共有される場合があります。

不正利用に対して厳しい相談所が多いことにも注意が必要です。

婚活サイトの種類やマッチング形態によってはキープを作りやすいケースも出てきます。

まずは本命にアタックしてから考えるのも方法で、連絡先を交換するなど友人関係からスタートさせる人は珍しく無いのです。

ただし、真剣な交際以外は受け付けていない人もいるため、相手のスタンスに配慮するなど不誠実にならないように気を配るのも大切です。

無理に攻めてもトラブルの元になります。

-婚活コラム

Copyright© 婚活コンムス , 2018 All Rights Reserved.