恋愛においてメールのやりとりは非常に重要になります。様々なテクニックを駆使する人がいる一方で、テクニックに振り回される人もいます。言動や行動に矛盾が生じやすくなることを踏まえ、婚活はストレートに言葉を選ぶなど使い分けが必要です。

メールはタイミングよりも中身が重要!婚活テクニックに頼ると危険な理由

更新日:

メールは仕事や恋愛で重要な連絡手段の一つです。

連絡の仕方一つで相手の感情を掴めるケースもあり、様々なテクニックが生み出されています。

ただし、使い慣れていないテクニックを使っても普段の言動に矛盾が生じるケースがあるため、使いどころには注意が必要です。

メールで焦らすのは一途な恋愛には不向き

メールを使ったオーソドックスなテクニックが、返信をずらして相手を焦らす方法です。

相手の気持ちを揺さぶることができますが、相手が不安になりやすいタイプの場合は話がこじれる原因となります。

また、一途な恋愛を演出したい場合は早めのメールを心がけるのが基本になります。

時間を遅らせてしまうと、真剣な気持ちが伝わらない場合があるからです。

基本的な恋愛のスタイルとズレがあればマイナス要素が強くなってしまう場合があるのです。

自分の性格がどういうタイプで、利用するテクニックの相性とはどうなのか、相手はどう思うかも含めてチョイスしないと失敗する原因になります。

恋愛上手はメールも早い傾向があるのもポイント

恋愛上手はメールが早い傾向があるのもポイントです。

自分に自信があるのでテクニックに頼る必要がなく、不安に思うこともないからです。

言動に矛盾がなく、行動が一貫しているのも重要になります。

言動が不安定であれば相手も精神的に不安になる場合が増え、悪循環に陥りがちだからです。

自分や相手の不安に押し流されずに、しっかりと返信をすることが重要な場合は多いのです。

忙しくてもちょっとした挨拶程度のメールなどはできるため、まめなところをアピールできるのもポイントです。

返信のタイミングにムラを作れば、ルーズな人間と思われることにも理解が必要です。

婚活の場合はストレートに気持ちを伝えた方が良い

婚活の場合は、メールの内容もストレートにするのがおすすめです。

婚活をする人は結婚を明確に意識していることが一般的なため、テクニックで焦らそうとしても無視される可能性があるのです。

時間の感覚にシビアな人がいることや、恋愛慣れしていなくてこじらせてしまう人がいる点に注意が必要なのです。

また、自分が思っているように相手に伝わらないケースは珍しくなく、なおさら飾らない言葉が重要になる場合も出てきます。

心理の読み合いになってしまえば時間の浪費にもつながります。

費用面でもマイナスになることがあるため、不毛な会話にしない努力が必要なのです。

場合によっては次の相手を目指すなど、執着せずにスピードを意識する方法もあります。

-婚活コラム

Copyright© 婚活コンムス , 2018 All Rights Reserved.