無職であることを理由に恋愛や結婚から距離を置く人もいます。しかし、ブログやトレードによる収入で生計を立てるなど、無職であっても収入を得る人は増えています。婚活においても、活動方法を工夫すれば相手が見つかることは珍しくないのです。

仕事もしていない無職だから婚活ができないとは限らない!

更新日:

無職であることが恋愛の障害にならないケースが生まれています。

ブロガーやアフィリエイターなど、従来では考えられない働き方が誕生しているからです。

分類上無職であっても収入源を作ることは難しくなく、転職活動中などであってもカバー可能なことも多いのです。

無職であっても恋愛も結婚もできるのがポイントになる

無職といえば収入がないと思われがちですが、実際にはそうでないケースが増えています。

ブログやアフィリエイト、クラウドソーシングなど様々な形で収入を得る人が増えているからです。

株式などのトレーダーも個人事業としての届出などを行わなければ分類上は無職になってしまいます。

企業に勤めていないから収入がないとは限らないのです。

重要なのは収入の水準であり、無職かどうかは問わないという人もいるのです。

また、人材の流動化が進む業界が多く、転職などで一時的に無職になる人も珍しくなくなっています。

前向きな姿勢があれば恋愛や結婚の障害にならないこともあるため、積極的に行動した方がよい場合もあるのです。

無職であっても時間を無駄にしたくない人が多い

転職活動で無職になったとしても、転職活動以外の時間も大切になります。

仕事の内容によっては休むことが困難で、転職期間でもなければ恋愛ができないという人もいるのです。

働き方や稼ぎ方が多様になっているからこそ、常に例外的な存在が生まれているのです。

時間を有効に活用することは非常に重要で、できる人間のポイントになります。

大切なのは実績と将来性です。

将来性があれば付き合う人間の候補になる人や、結婚する前提で話を進める方法もあるのです。

本格的に高収入の仕事についてからでは手が打てなくなる場合もあるため、予約感覚で口説く人がいるのも覚えておきたいポイントです。

婚活でも媒体を選べば活動はできる

無職であっても婚活は可能で、媒体さえ選べば相手に恵まれる場合もあります。

結婚相談所などは正社員であることが前提として求められますが、婚活用のマッチングアプリなどはより柔軟な利用ができることが多いからです。

ポイントになるのが嘘をつかないことです。

収入源などを誤魔化してしまうと、トラブルの元になります。

収入の多さで職業が決まるわけではないため、自分の主な収入源となっている仕事を職業として相手に継げる方法もあります。

転職活動中であれば転職活動中であると告げるのも方法です。

婚活ではモテるモテないより関係が維持できるかどうかが重要に成るため、優先順を間違えないようにする必要があります。

-婚活コラム

Copyright© 婚活コンムス , 2018 All Rights Reserved.