妊娠は計画通りに進まないことが珍しくない!婚活サイトは早目が重要

更新日:

女性の年齢が若い方が妊娠の確率が高く、子供が欲しいのであれば30代までに出産するのが望ましいといわれています。

40代になると極端に妊娠の確率が下がってしまい、高齢出産によるリスクも高まるためです。芸能人などが高齢出産をする場合は不妊治療などがセットになっていることが多いことも考慮する必要があります。

自然に妊娠できる確立は40代で極端に下がる

自然に妊娠できる年齢は、40代までといわれています。40代になると妊娠の確立が極端に低くなり、40代半ばになると一回の性交で妊娠する確率は1%程度まで落ち込むといわれています。

人によっては早めに閉経が始まってしまう場合があるため、自然妊娠自体が望めなくなるケースもあります。芸能人や海外セレブの高齢出産が話題になることがありますが、そのほとんどが何らかの不妊治療や人工授精などを行っているのもポイントです。

自然妊娠を望むのであれば遅くとも30代で結婚し、綿密な計画の上で子作りをする必要があるのです。知識がなければ妊娠の確立が極端に減ることも覚えておきたいポイントです。

計画通りに妊娠が進まない場合は珍しくない

年齢が若くても、妊娠ができないケースもあります。

男性女性を問わずに不妊の原因になる要素は多く、年齢が若くても正常な精子や卵子が生まれないことがあるからです。妊娠を目指すのであれば検査を受けるなど、事前のチェックが必要になる場合があります。

特に年齢を重ねている場合は時間が貴重になるため、男女でしっかりと協力する必要がでてきます。

ポイントになるのが、無理なダイエットや過労など、日ごろの生活の影響も受けることです。原因がはっきりとわからない不妊も存在するため、生活習慣を見直しながら経過の観察が必要になる場合もあります。妊娠までのハードルが高いことは珍しくないのです。

子供が欲しければ婚活も早めに行った方が良い

子供が欲しいのであれば、婚活も早めに行う必要があります。良い相手が見つかったとしても、相性が良いか確かめるまでに時間がかかる場合もあります。

何の障害もなく結婚まで行き着けるのは稀なのです。少なくとも、相手探しにかかる時間と、交際を始めて結婚にいたるまでの時間をある程度見込んでおく必要があります。婚活の場を広げることや、条件の見直しを考えることも大切です。相手の収入などにこだわりすぎれば、子供を作れる確立は減っていくからです。

選択肢自体が少なければ後悔のもとになるため、時には優先順をかえることも重要になるのです。

-婚活コラム

Copyright© 婚活コンムス , 2018 All Rights Reserved.