恋愛において相手を持ち帰れるチャンスに恵まれることがあります。狙ってもなかなかできないケースもありますが、注意も必要です。場合によっては信頼関係が崩れてしまう場合もあるため、婚活につなげる場合は気を遣うことが重要なのです。

婚活からの安易な持ち帰りはトラブルの元に!信頼関係には十分な配慮をしよう

更新日:

男女に限らず、持ち帰りのチャンスが訪れることはあります。

特にアルコールが入ると発生しやすくなり、関係を深めるきっかけになる場合もあります。

ポイントになるのが相手の良い方をしっかりと把握しておくことです。

泥酔状態で持ち帰るとトラブルになることもあるため加減を知ることも大切なのです。

まずは同意を得ることが重要です。

お酒に弱い人は持ち帰りもしやすくなる

お酒の場でついつい飲みすぎてしまうことは誰にもあります。

会話が弾めばなおさらで、男女共にお持ち帰りのチャンスが発生しやすくなるのです。

注意したいのは関係が浅いうちに持ち帰りを狙わないことです。

体の関係になればトラブルに発生する可能性があり、特に相手が泥酔状態であれば法的な責任を問われる場合もあるのです。

泥酔状態では相手の同意を取ったと明確に証明することが難しく、強姦罪などに問われる場合があります。

非常にリスクが高く、最悪は逮捕の恐れがあります。

酒に酔ったからと割り切れる相手ばかりではないことに理解が必要になります。

計画的に持ち帰りを狙うなら相手の飲酒量を把握する

計画的に持ち帰りを狙い、関係を深めようとする人もいます。

重要なのは事前に相手の飲めるアルコールの量を把握しておくことです。

酒が飲めない人に無理に飲ませてもアルコール中毒などの危険性が出てきます。

あくまで健康的な範囲でストップできるかが重要になるのです。

人によって酔い方には差があるため、潰れる前に持ち帰ることや、無理をせずに送ることなど、複数の選択肢を視野に入れるのが基本になります。

あくまでチャンスがあったら狙う程度で、何回か飲むうちにチャンスが巡ってくると認識した方が良いのです。

回数を重ねて親密さが増せば、その分持ち帰りのチャンスも増えやすくなります。

婚活で使うのは危険なことに注意が必要

婚活をするのであれば、可能な限り持ち帰りは避ける必要があります。

結婚に必要なのは体の関係ではなく信頼関係であり、持ち帰りを安易に使えば信頼関係が壊れる可能性があるからです。

相手が信頼してくれるのであれば、まず安全を確保することを優先するなど、配慮が必要になります。

持ち帰りのチャンスを見逃すことがプラスになる場合もあるのです。

信頼関係がないうちに積極的に飲みに誘っても下心があると疑われるケースもあります。

どのような意図で相手を誘うのかをわかりやすくし、警戒されないように工夫することも大切なポイントになります。

-婚活コラム

Copyright© 婚活コンムス , 2018 All Rights Reserved.