偏差値は学力を示すだけでなく、恋愛偏差値など様々な分野でレベルの高さを示す言葉として使われています。注意したいのは、偏差値に振り回される人が意外に多いことです。婚活で重視してもプラスにならないこともあるため、距離を置くことも大切です。

婚活で偏差値勝負に付き合っても損になるだけ?上手に立ち回るポイントは

更新日:

偏差値は学力を見極める基準になりますが、恋愛偏差値など様々な分野にも応用されています。

偏差値が高いほど能力が高くなる一方で、相手に求めるだけでなく自分との差も考える必要があります。

偏差値にとらわれるとマッチングが上手くいかず、相手が見つからない原因ともなるのです。

偏差値争いには加わらない方がプラスになりやすい

偏差値争いは進学や就職で重要な要素になることがあります。

しかし、社会に出てから偏差値が高い人が出世しないことがあるなど、絶対的な指標とはいえないのもポイントになります。

偏差値が高く頭の回転が速いことはプラスになっても、応用能力やコミュニケーション能力が伴わなければ結果が出せないことがあるのです。

職種自体のマッチングが上手くいかず、伸び悩んでしまうケースもあります。

人間としての魅力も偏差値には現れないことが多く、恋愛対象としてみるのであれば切り離した方が良いのです。

無理に恋愛に組み込もうとしてもマイナスになる可能性が高いのです。

恋愛の偏差値は場所や個人の価値観によって基準が違う

モテの度合いを表す恋愛偏差値という言葉も存在します。

偏差値が高いほどモテる要素が多く、それだけ競争が激しくなります。

自分がターゲットとして選ぶ場合はライバルと競争になることに理解が必要です。

ポイントになるのが、場所によって偏差値の基準が変わることです。

地方やサークル、SNSなど一定の集団の中では評価基準が偏りやすく、極端にモテやすくなったり、モテなくなるなど、様々な影響が出ることがあります。

個人によっても基準になる価値観が異なるため、あまり他人の言うことに振り回されない方が良い場合が出てきます。

実際の恋愛では目の前の人がどう判断するかを考えた方が良いのです。

婚活でも偏差値は絶対基準にならない

婚活における偏差値は、経済力や容姿、年齢などが影響します。

自分が求めるだけでなく、相手から求められることにも理解が必要です。

ポイントになるのが条件を譲歩できない人はマッチング率が低くなることです。

特に明確な理由もなく基準を設けると危険で、相手が見つからない原因になります。

結果にこだわるのであれば、現実的なラインに落とし込むように工夫をする必要があるのです。

婚活の場自体を広げた方がよい場合もあります。

活動の場所を広げればそれだけ選択私が増えることになるため、自分が納得できる相手と出会える確率も高くなるのです。

まずは気持ちよくコミュニケーションがとれる相手の仲から選ぶなど、自分自身の基準を見直すのも方法です。

-婚活コラム

Copyright© 婚活コンムス , 2018 All Rights Reserved.