人から嫌われるのを怖いと考えるのは誰でも同じです。しかし、なぜ嫌われるかはしっかりと見極める必要があります。認識にズレがあると行動が不自然になり、更に相手に嫌われるからです。婚活では不安に振り回されないよう特に気を配る必要があるのです。

婚活で嫌われる理由を考える場合は冷静に!勘違いすると大変なことに

更新日:

人に嫌われたくないという感情は誰でももっているものです。

しかし、その感情を制御することは難しく、時に想定とは逆の結果になってしまうこともあります。

注意したいのは相手にも感情があるということです。

自分の思い込みで決め付けてしまうと、かえって嫌われる原因になります。

嫌われる原因はしっかりと考える必要がある

嫌われるのは怖いと思って、人から好かれずに悩んでいる人は多いものです。

ポイントになるのが、自分と他人の認識の違いです。

嫌われたくないからととっている行動がかえってマイナス印象になっていることは多いのです。

特に多いのが、失敗を誤魔化したり、他人のせいにしたりする行為です。

失敗を誤魔化したりすれば、無責任な人と見られてしまったり、行動に一貫性がない人間だと思われる可能性があります。

失敗は誰でもあるもののため、逃げずにどのように対処するかが大切です。

問題解決のための努力をできる人は意外と少なく、評価につながるポイントにもなります。

自分が他人から見て無責任でないかはしっかり考える必要があります。

嫌われる原因が相手側にあることも珍しくない

嫌われる原因が相手側にある場合もあります。

人間には感情があり、思い込みや思い違いも発生します。

他人に対して偏見をもっている人も珍しくないのです。

ある程度誤解を解くための工夫が必要になる場合もありますが、無理をして相手に合わせない方がプラスになる場合もあるのです。

相手に好かれるための努力を別な方向に向けた方が、より良い出会いや成果につながることがあるからです。

無理にあわせようとするよりも別の人間に好かれる努力をした方がプラスになるかはしっかりと考えたいポイントです。

恋愛関係でも一緒で、無理に関係を築くよりも新しい人を探した方がいい場合もあります。

自分を好きになってくれる人を探すのも方法なのです。

婚活はある程度数をこなさないとわからないことが多い

婚活では相手に嫌われることを避けるのが基本で、第一印象や条件だけで判断するのは危険になります。

第一印象は思い込みが入りやすく、判断を誤る原因となるからです。

もちろん良い印象であれば踏み込むのも方法ですが、相手を逃すまいと自分を飾りすぎると逆効果になることもあります。

また、男女交際の経験が少ない場合は、相手を見極める能力自体が低いことを自覚することが大切です。

まずは思い込みなどを捨てて、相手の本音や行動を引き出せるように気を配った方が良いのです。

結果として嫌われる場合は最初から縁がなかったと割り切る気持ちも重要です。

相性がよい人は数を当たらなければ見つからないことが多いため、学びながら行動した方が良いのです。

-婚活コラム

Copyright© 婚活コンムス , 2018 All Rights Reserved.