どんな分野であっても平均年齢は存在し、様々な目安になっています。恋愛や結婚も同じで、自分が平均年齢より上か下かでとるべき行動がかわる場合もあります。晩婚化が進んでいる影響で婚活の平均年齢も上がっているため、対策を立てる目安にもなるのです。

婚活で平均年齢を知ることが武器になる!上手な生かし方とは

更新日:

様々な分野にはそれぞれ平均年齢が存在し、目安になる数字になっています。

ただし、個人差があることに注意が必要で、元になるデータが少なければ数字が偏ってしまうこともあります。

どのようなデータから平均年齢が求められているかを確認しつつ、自分がどう生かせるかを考えることが重要になります。

平均年齢を知ることは様々なチャンスにつながっている

平均年齢は様々なチャンスにつながっています。

特にビジネスは平均年齢を目安にターゲット層を絞るなど、明確な影響を受ける場合もあります。

恋愛や結婚の市場も重要で、自分がどのような位置にいるか確認することで選択肢がかわることがあるのです。

一般的に、恋愛や結婚において若いことは武器になります。

収入などの低さがネックになることもありますが、将来性でカバーできるのは大きな魅力です。

年齢が上がってしまうと転職の選択肢が限られるなどマイナス要素が大きくなるからです。

平均年齢から考えて、どの程度相手探しに時間をかけるか、交際期間を設けるかなど、様々な計画が立てられるのもポイントになります。

結婚の平均年齢は男性で30歳を超えている

平均年齢で特に気になりやすいのが、結婚の年齢です。

結婚の平均年齢は男性で30歳、女性で29歳を超えていて晩婚化が進んでいることがわかります。

20代で結婚している人の方が少ないのです。

平均年収の低さによる経済不安や、相手に求める条件が厳しくなっているのも影響しています。

恋愛に時間をかけてじっくりと相手を見つける人も珍しくないのです。

ポイントになるのが、平均年齢に達する前に様々な経験を積んでいた方がプラスになることです。

結婚をしようと思って行動し、すぐに結果が出せる人はほぼいないからです。

良い相手が見つからない可能性もあるため、人を見る目を磨く意味でもある程度恋愛経験は積んだ方が良いのです。

婚活をする人の平均年齢も30歳を超えているのがポイント

婚活をする人の平均年齢も30歳を超えています。

仕事の急がしさや出会いの少なさから結婚の機会を逃している人が多く、結婚相談所でも30代半ばの人が目立つという場合が珍しくないのです。

年齢が若ければそれほど相手を見つけるのに苦労しないというのもポイントです。

婚活をする場合は、平均年齢より若いかどうかで選択肢が大きくかわります。

年齢が若ければそれだけで武器になり、年齢が上であれば条件の譲歩などが必要になるからです。

婚活が長引けばそれだけ不利になることを理解した上で、バランスをとっていくことが大切なのです。

-婚活コラム

Copyright© 婚活コンムス , 2018 All Rights Reserved.