相手に本音を言うことは、より良い関係を築く上で重要になります。ただし、言葉遣いに気をつけなければ相手を傷つけるなどトラブルの元になります。正直さと無神経さが紙一重になってしまうこともあるため、恋愛や婚活では気を使う必要があるのです。

婚活で本音はただ言えばいいというものではない?配慮がなければ無神経になり兼ねない

更新日:

良い人間関係を築くには、本音を告げることが避けて通れない場合があります。

うわべだけの友人関係であれば流せることでも、付き合いが長くなればストレスも大きくなってしまうからです。

ただし、言葉の使い方によって印象は大きく変わるため、本音を告げるタイミングなどにも気を配る必要があるのです。

より良い関係を築くために本音で話すことが重要になる

本音を言うのが重要なのは、お互いの立場や気持ちへの配慮が必要だからです。

本音を隠したままではどちらか一方にストレスがかかってしまうことや、負担をかけてしまうこともあります。

恋愛関係や夫婦関係では、本音を告げられないがために関係が壊れてしまう場合もあるほどです。

我慢には限界があり、人によって何をストレスと思うかには大きな差が出ます。

思った以上にストレスをためている人は珍しくなく、体の不調や精神面の不安定さにつながることもあります。

おかしいと思った場合は自分の気持ちを整理することも含め、しっかりと話し合った方が良いことは多いのです。

本音をただ告げるだけでは喧嘩の元になる

注意したいのは本音を告げるだけでは喧嘩の元になりかねない点です。

タイミングや言葉遣いで印象は大きく変わるため、どのような関係を築きたいかを考えて言葉を選ぶ必要があります。

正直であることが良いことだと思って常に本音をぶつけても、人の気持ちがわからない人だと思われて嫌われる原因となることもあります。

気を使わない関係を築くのと、相手の好意に甘えるのは別の話です。

最低限の配慮ができなければ、精神的に未熟なだけになってしまいます。

大切なのは、相手の気持ちの許容量を把握することです。

忙しいときや精神的に弱っていると気を避けるなど、配慮ができるだけでも結果が代わることが多いのです。

婚活では言うべき本音を間違えないことが重要に

婚活では恋愛以上に本音と建前の使い分けが必要になる場合があります。

信頼関係が構築される前に本音をぶつけても、関係が切れて終わってしまう場合があるからです。

親の介護や相続問題など、様々な家庭の事情を抱えている人は多く、タイミングを選んだ方がよい場合もあります。

段階的に離して断られる場合であれば、受け入れてくれるほかの相手を探す方法もあります。

ただし、過剰な要求になっていないか見直すことも大切になります。

結婚が絡むとどうしても相手に対する要望が増えがちなため、本音を言う前に自分でチェックする癖をつけた方が受け入れられやすくなるからです。

-婚活コラム

Copyright© 婚活コンムス , 2018 All Rights Reserved.