婚活において年収が重要になると思う人は多いものの、実際に年収をあげるための行動が取れる人はまれです。結婚適齢期でも年収400万円に届かない人が大半のため、高望みしすぎると危険なのです。むしろ貯金などで金銭感覚をアピールすることが重要です。

婚活に貯金が重要になるわけは?金銭感覚は一番のアピールポイント

婚活において年収が重要になると思う人は多いものの、実際に年収をあげるための行動が取れる人はまれです。

結婚適齢期でも年収400万円に届かない人が大半のため、高望みしすぎると危険なのです。むしろ貯金などで金銭感覚をアピールすることが重要です。

貯金ができない人は非常に多く、恋愛などの面でも障害になることがあります。

婚活に貯金が重要になるわけは?金銭感覚は一番のアピールポイント

貯金ができない原因の多くは生活の余裕のなさなどが原因ですが、余裕がないなりに貯金を積み立てている人もいます。

日ごろの習慣の見直しや工夫で貯金ができることも多く、人間的な評価をあげることにつながります。

雇用は増えていても余裕がない人が多い

日本の雇用情勢は改善が続いていて、働き口は増えていることになります。一方で、雇用のほとんどが非正規雇用であることや、シルバー人材の雇用が増えているため平均的な給与収入は低下する傾向があります。経済的に余裕がある人はむしろ少ない状態なのです。

生活に余裕がなければ、それだけ貯金の金額にも影響を与えます。貯金を全くしていない人は人口の3分の1を超えるといわれていて、単身世帯では4割程度が貯金ゼロという統計があるほどです。個人年金や保険などの金融資産をカウントすればもう少し減るといわれるものの、貯金がない人はそれほど珍しくないのです。一方で、貯金をする人との格差は広がる傾向がある点に注意が必要です。

年収をあげることが難しいから貯金が重要

人生を充実させるためには、年収をあげることが重要になります。やりがいを求めて転職を重ねる人もいますが、老後のことなどを考えた場合はある程度備えが必要になるもポイントです。一方で年収をあげるのが難しいケースは多く、現実的には貯金という選択がもっとも確実になります。

貯金の習慣がある人は、毎月いくらなど、しっかり積み立てをする傾向があるのがポイントです。1ヶ月で1万円の積み立てでも、10年後には120万円の貯金になります。将来に不安を抱える人が多いからこそ、将来への備えがあるかどうかが人間的な評価に関わることがあるのです。余裕があるからこそ人生の選択肢が増える部分も多く、様々なメリットを生み出してくれます。

恋愛にも転職にも貯金が重要なわけ

恋愛や転職において、貯金は非常に重要になります。貯金があれば仕事や恋愛を重視してすむ場所を変えるといった選択することが可能で、年収アップやパートナーを得るチャンスを増やすことにつながるのです。貯金がないと選択肢自体が限られる場合が多く、プラスのサイクルに移行できない場合が出てきます。

もちろん、投資にお金を使い、積極的に増やしていく方法もあります。銀行は記録的な低金利状態になっていて、時間外にお金を引き出しただけでも金利面でマイナスになってしまうことがあります。人によって適正はあるものの、少しでも資産を作っていくのは大切で、チャンスに強い人間になるポイントになるのです。

貯金の金額は婚活にも大きく影響する

貯金の金額は婚活にも大きな影響を与えます。結婚適齢期の人のほとんどは年収400万円以下で、公務員でもかなり低い水準になっています。300万円台に届かない人も多いため、貯金をして金銭感覚をアピールした方がプラスになりやすいのです。

大切なのは背伸びをしすぎないことです。嘘をつけば、嘘がばれた際にマイナス印象になります。

また、背伸びをすればそれだけ相手から求められるハードルも高くなるため、生活やイメージの維持が困難になります。

収入の高い低いにとらわれず、長所を見てくれる人を探した方が結婚後の生活も楽になるため、無理をしないことや相手に求めすぎないことも大切なのです。

-コラム

Copyright© 婚活コンムス , 2017 AllRights Reserved.