恋愛に理想を持ち込む人は珍しくなく、自然と高望みになってしまう場合があります。望みが高ければマッチング率は下がり、時間の浪費になるケースが増えます。重要なのは今より良くなるかどうかで、婚活は更にシビアに選択肢の中から選ぶ意識が大切です。

婚活は自然と高望みになってしまうケースも?上手な相手の見つけ方

更新日:

恋愛で相手に求める要素が多い人は珍しくなく、自然と高望みになることがあります。

注意したいのは人間誰しも良いところと悪いところがあり、理想通りの相手に出会えることはまずないことです。

理想通りの相手がフリーであるとは限らないことも含めて、より現実的に考えるのが大切になります。

理想を入れてしまうと高望みになりがちになる

恋愛や結婚に理想を入れてしまうと、自然と高望みになってしまうことがあります。

容姿や年齢や収入など、最低限のもとを求めているつもりでも、要素が組み合わさるとなかなか満たす人がいないということもありえます。

一部分だけで満たす人でも他の部分は問題というケースも多く、現実的に相手を見つけることが難しい状態になりがちなのです。

恋愛経験が少ない人の多くが厳しい条件をつけていることが多く、実際にモテた経験がない場合は基準を見直す必要があります。

無意識に基準を高くしたり、意固地になっているケースが多く、相手を評価するよりも粗探しに走りがちになるからです。

高望みで足きりをするよりも今より良くなるかを考える

条件で足きりを行い、残った相手を探すのは危険です。

その人の将来性を考えないとかえって損をする可能性があるからです。

将来的に条件を満たす可能性があるのか、一部でも良いところがあるか見極めることが大切になります。

ある程度恋愛経験などを積まないと、相手の良し悪しがわからない場合も出てくるからです。

ポイントになるのが、理想を満たすのではなく、今より生活が良くなるかです。

理想にこだわり結果が出ない状態が続けば、お金と時間が浪費されかねないからです。

結果が出せないことで自信を失っていく人もいるため、自信をつけるためのチャレンジも忘れずにおこなった方が良いのです。

婚活は選択肢の中から選ぶ必要があるのがポイント

婚活は理想の相手が見つかる可能性は低く、良い相手は競争が激しくなります。

婚活の場を広げてなるべく多くの選択肢を作り、その中から誰が良いのかを考えるのが現実的です。

婚活サイトやマッチングアプリを使うのがもっともわかりやすく、結婚の意志がある人に絞り込めるのが魅力になっています。

理想を満たす人がいない場合は、現実的には理想の人間がいないということを理解する必要があります。

実際に婚活を初めて自分が高望みをしていたとわかるケースもあるのです。

まずはどのような人が結婚を目指しているかを把握した上で、現実的な相手を探した方がプラスになります。

-婚活コラム

Copyright© 婚活コンムス , 2018 All Rights Reserved.