容姿に自信がないと自分の写真を撮るのが怖くなりがちです。しかし、恋愛の場において、写真の情報があるかどうかで信用度が大きく変わってきます。婚活の場でもプロに撮ってもらった写真を利用するなど、工夫でチャンスを掴む人もいるのです。

容姿に自信がないからこそ婚活専用の写真使いが重要?ビジュアルが必要なわけ

更新日:

容姿に自信がなく、自分の写真を撮ることを怖がる人は多くいます。

注意したいのはSNSなどで自分の写真が全くない人の場合は、信用度が下がることがある点です。

SNS経由で人が知り合うことや、人柄を知るために利用されることが少なくないため、ある程度自撮りの技術を磨いた方がよいこともあるのです。

写真の有り無しが人の信用をわけることがある

自分の写真をSNSなどにアップすることに抵抗を感じる人がいます。

容姿に自信がないだけでなく、画像の流出リスクや個人を特定されるリスクを避ける人もいるからです。

容姿に自信がないからこそ婚活専用の写真使いが重要?ビジュアルが必要なわけ

ただし、セキュリティ上は正しい判断でも、個人を特定し辛いことが信用に関わることがあります。

顔写真などをアップロードしていると、自分の発言にも責任を持つ必要が出てきます。

結果的にSNSなどの発言などに重みが出る傾向があり、人脈を広げるきっかけになることがあるのです。

逆に全く写真や画像がない場合は、アカウントの使いまわしや陰口用のアカウントなど、マイナスイメージの印象をもたれてしまうことがあります。

リスクを避けるあまりにメリットを無くしてしまうことがあるのです。

恋愛にも写真が大きく影響することがポイントに

SNSなどを通じて恋愛が発展することは珍しくなくなっています。

まったくSNSを使わない人間は珍しくなりつつあり、交流の幅を広げる重要なツールになっています。

普段からSNSを使う人が増えている分日ごろの生活などをチェックするのにも重要で、SNSの情報を明かせるかどうかが親密さの表れになることもあるのです。

ポイントになるのが、写真が充実していた方が人柄がわかりやすいということです。

文字だけでの情報だと読み込むのに労力が必要になります。

写真が無いと伝わり辛い情報もあるため、ビジュアルを充実させた方が人に好かれやすくなるのです。

婚活では写真に気合を入れる人が非常に多い

婚活では、写真の重要性が更に高まります。

写真の第一印象で話しかけるかどうかを決める人が珍しくなく、見栄えで選ばれることが多いからです。

外見ではなく人柄で選んでもらおうと考えても、話しかける人がゼロでは勝負を挑む以前の話になります。

婚活に際してプロに写真を撮って貰う人がいるだけでなく、様々な加工をしてもらう人がいることも覚えておきたい点です。

加工を詐欺だと思う人もいますが、センスがなければ加工すらできなくなります。

見た目にお金をかけられるかどうかで婚活の成功率がかわることを理解した上で、ライバルに出遅れないよう工夫するのがおすすめです。

-婚活コラム

Copyright© 婚活コンムス , 2018 All Rights Reserved.