年の差がある恋愛や結婚は珍しくなくなっています。価値観が多様化する中で、年齢が気にならないケースも増えているからです。ただし、年齢重視で相手を選べば話題が合わない場合も出てくるため、婚活では特に気をつけたいポイントになっています。

年の差婚の婚活は珍しくない!むしろ重要になるのは話題が合うかどうか

更新日:

年の差があるカップルは珍しくなく、10歳以上離れていても結婚に踏み切る人もいます。

年齢はあくまで目安でしかなく、年の差があっても絆を深める人はいるのです。

ただし、年齢に差があれば会話の感覚や利用するメディアなどに違いが生じやすくなります。

話題が合うかどうかは重要になるため、差し引きで考えた方が良い場合もあるのです。

年の差カップルが成立しやすい条件がある

年の差カップルは無条件で発生するわけではなく、成立する条件が存在します。

良く見られるのが趣味を通じた出会いです。

共通の趣味があれば話題が成立しやすく、カルチャーギャップも乗り越えやすくなるからです。

また、ビジネスや人間関係の信頼がベースになることでお互いのコミュニケーション能力を補ってくれる場合があります。

しかし、共通の話題や目的がないと会話自体が成立しないケースも出てくるため、どちらかが譲歩しなければならない場合も出てきます。

相手に合わせる能力や上手に会話を引き出す能力など、高度なコミュニケーション能力を求められるケースが増えてくるのです。

年の差を成立させる努力ができるか考える必要がある

年の差があっても恋愛は可能ですが、自分が相手を選ぶ場合は注意が必要です。

男性は若い女性にこだわる傾向が強いものの、若い女性の流行などに疎いことがほとんどだからです。

クラブなどでは女性が気を使ってあわせてくれるケースが多くなりますが、一般的な若い女性は感覚が異なります。

恋愛対象や結婚相手として考えるのであれば、ある程度勉強する努力が必要になるのです。

女性の場合も同じで、自分が結婚したい男性の年齢層が決まっているなら、それにあわせた勉強が必要になります。

年齢基準で相手を探すということは、その層に好まれるための知識などが必要になるということなのです。

婚活で同年代が好まれやすいのには理由がある

婚活は年齢にこだわりすぎると相手が見つからなくなる原因になります。

ポイントになるのが話題性です。

同年代の場合は同じテレビ番組や流行の中で成長してきた共通点があり、話題があわせやすいからです。

気安く会話ができることは大きなメリットで、距離を縮めるきっかけになってくれることもあります。

年の差婚を目指すのであればまずは相手の話題を引き出しつつ常に情報を取り入れるなど、貪欲な姿勢が必要になります。

難しくてもチャレンジする方法はあるため、後は割に合うか割に合わないかで考えることが大切です。

まずは共通の趣味を持っている人から若い人を絞り込むなど、優先順を変えて考えるのもテクニックです。

-婚活コラム

Copyright© 婚活コンムス , 2018 All Rights Reserved.