恋愛に焦りは禁物で、先走ってしまうと相手に負担をかけることになってしまいます。ただし、人によっては待つこと自体が苦手な人もいるため、積極的に動いた方が良い場合もあります。婚活も基本は同じで、自分の特徴を生かすことを考えるのが大切です。

恋愛に焦りは禁物!自分の性格を知って婚活をコントロールする

更新日:

恋愛に焦りを感じ始めてしまうと、相手選びを誤ってしまったり、相手に負担をかけて短時間で破局する原因となってしまいます。

なぜ焦ってしまうか考えるかが重要なだけでなく、自分の性格も考えて調整する必要があります。

自分の理想と性格が一致していないこともあるため、時々見直すことも大切なのです。

恋愛の焦りは余裕がないからおきることが多い

恋愛で発生する焦りのほとんどは、余裕がないことで起こります。

周囲との比較で焦ってしまうケースは非常に多く、相手選びを間違う原因となります。

実際に付き合ってから違うと思ってしまったり、結婚してからイメージと違うという結果になりがちなのです。

ポイントになるのが、恋愛はマイペースでも問題がないということです。

大事なのは恋人がいるかいないかではなく、人生が充実しているかどうかだからです。

恋人がいなければ価値が下がるのであれば、自分自身の価値は恋人より低いということになります。

焦りがあるなら、なぜその気持ちが発生するのか、本当にそれが自分のためなのか確認した方が良いのです。

恋愛中の焦りは不安から生じ安いのがポイントに

恋愛中に、相手から返事がないことで不安になったり、焦ったりは良くあることです。

ここですぐに相手を責めるのは危険で、一度冷静になる必要があります。

相手にも生活があるため、自分中心の生活はできないからです。

自分を一番に思って欲しいと思うことはだれにもあるものですが、相手を信用しているのであれば不安に思ったり、焦りを感じることはないのです。

一番の原因は自分の自信のなさというケースは良くあります。

自信がないと不安になりがちですが、信じて待つ姿勢を示せなければ、相手に不安が伝染してしまうことがあります。

精神的な負担が大きくなる場合も多く、ある程度自分を制御することも大切なのです。

婚活は自分の性格に合わせて行動方針を決める

婚活も恋愛と共通する部分が多くあります。

ポイントになるのが自分の行動方針です。

待つのが苦手であれば積極的に行動するなど、短所を補う方向で動いた方が良いのです。

待っていると気持ちが焦ってしまうのであれば、婚活サイトやマッチングアプリで積極的にアピールを行う、こまめにプロフィールを修正するなど、行動で解消するのがおすすめです。

日記などを書いて、情報を充実させていく方法もあります。

焦りや愚痴ばかりだと、一緒にいて消耗する人間だと思われます。

うまく消化する方法を考えながらアプローチにつなげられれば、今活の成功率が上がるのです。

-婚活コラム

Copyright© 婚活コンムス , 2018 All Rights Reserved.