世の中の変化は激しく、事前に準備をしなければ手遅れになってしまうケースが増えています。老後の年金や医療の問題など、切実なものが増えているのが現実です。婚活の常識もかわりつつあるため、常に自分の立ち位置や条件を見直すことが大切になります。

手遅れにならないうちに婚活見直しが必要?常識はかわることに注意

更新日:

日本は少子高齢化が進んでいて、今後は年金の負担や医療費の負担が増えていく可能性があります。

気づいたときには手遅れということが内容に、事前に備えておく必要があるのです。

国が補助できる範囲の限界が見えつつあるため、お金のやりくりや仕事の仕方などを見直すことも大切なのです。

年金問題に向き合わないと手遅れになる可能性も

差し迫った問題になりつつあるのが年金問題です。

年金自体は支払われるものの、受給年齢が75歳からになるなど後ろ倒しが現実味を帯びています。

平均寿命が延び、老後でも働ける人が十分にいることから、老後の感覚が自体が切り替わりつつあるのです。

労働人口の減少が予測されることから、人で自体が足りなくなる恐れもあります。

お金を貯めるだけでなく、老後の働きかたを考えないと手遅れになってしまう可能性があるのです。

年金が足りない場合は生活保護などを受けることにあり、生活を切り詰めなければ立ち行かなくなるケースも出てくるのです。

手遅れになるのを防ぐにはお金の貯め方も重要

老後の資金を貯めるには、貯金だけでは手が回らないことがあります。

銀行金利が低いことから、お金が増えることに期待できないからです。

投資信託や個人年金を駆使して利回りを確保し、少しでも増やしていく意識が必要です。

年1%の金利であっても、10年後、20年後で大きな差が出ます。

意識的に資産が運用できるかで将来の楽さ加減が違うのです。

終身型の年金保険を利用するなど、更なる長寿化に備えておく方法もあります。

終身型の年金保険は一定額以上積み立てないと受け取れないのが一般的なため、手遅れにならないよう早めに手続きをするのがおすすめです。

保険料は税金の控除に使えるメリットもあります。

婚活は何を基準にするかで手遅れのラインが違う

婚活は何を基準にするかで手遅れのラインが違います。

ただし、出産や育児を考慮しなければ、どんな年齢でも需要があります。

出産は年齢が高くても40代までで、それ以降は人工授精などを使わない限り絶望的になります。

しかし、お互いの生活を守るためや、話し相手を求めて婚活をする人は珍しくないのです。

早目に婚活をすれば選択肢が増えるため、適宜条件をみなして相手を見つけるのがおすすめです。

複数の媒体を使いこなせば、理想の相手も探しやすくなります。

また、パートナーを失った人たちが再婚相手を探すことも珍しくないため、生活を優先するなら候補に入れるのも方法です。

-婚活コラム

Copyright© 婚活コンムス , 2018 All Rights Reserved.