年金支給年齢の引き上げなど、老後の不安になる要素は数多くあります。注意したいのは、恋人や結婚相手に老後の保障を求めすぎないことです。漠然と不安を抱えていても生活能力がないとみなされる可能性が高く、特に婚活でハードルになることが多いのです。

漠然と老後で婚活を気にするのはNG?不安を恋愛に持ち込んではいけない理由は

年金支給年齢の引き上げなど、老後の不安になる要素は数多くあります。注意したいのは、恋人や結婚相手に老後の保障を求めすぎないことです。

漠然と不安を抱えていても生活能力がないとみなされる可能性が高く、特に婚活でハードルになることが多いのです。

漠然と老後で婚活を気にするのはNG?不安を恋愛に持ち込んではいけない理由は

老後に不安を抱えている人は多く、貯金などで備える人が多い理由にもなっています。ポイントになるのが、老後にどの程度のお金が必要になるか計算しておくことです。

保険会社のフィナンシャルプランナーに相談する方法もありますが、ある程度知識が無ければ恋愛にもマイナスの影響を受けることがあるのです。

老後に不安を抱えている人は増えている

高齢化社会が進むと同時に、年金を納める人が減り、支給を受ける人が増えるという状態が生まれています。

年金の財源不足が予測されることから、年金支給年齢の引き上げの議論も始まっています。年金支給額が減る可能性もあるため、老後に不安を抱える人も多いのです。

ポイントになるのが、いかに老後のリスクを減らすことができるかどうかです。結婚をすることで少しでもリスクを減らそうと考える人は珍しくなく、有力な候補になることもあります。

一人で住むよりも二人で暮らした方が一人頭の生活費は安くなります。遺族年金制度や収入面の安定も魅力的で、制度をうまく生かすことでリスクを減らすのも方法なのです。

ある程度しっかりしないと結婚できない?

注意したいのは、老後の不安を相手に丸投げすれば重い人間と思われることです。経済面を相手に頼ることを前提にしてしまうと、恋愛がうまくいかなくなることが多いのです。

もちろん主婦や主婦として成り立つほど相手が稼いでくれるケースもありますが、人間的な魅力がなければ結婚相手にはなれないことに注意が必要です。

大切なのは、相手が財布を預けたいと思えるほどしっかりした面を見せられるか、経済的な自立をしているかです。

日本の労働人口の半分は非正規雇用といわれていて、年収400万円を越えない人がほとんどになります。ある程度やりくりをして貯金や資産を作り老後に備えることは、恋愛でも大きな武器になるのです。

老後に必要なお金はある程度試算できる

老後に必要な資金は、ある程度計算できるようになっています。月々納めている年金から将来の支給額を試算できるため、不足分をどのように補うか考えればよいのです。

毎月の貯金や個人年金などで不足を補えば、余裕のある老後を迎えられることになるのです。

計算が面倒であれば、保険会社などで相談してみるのも方法です。おおよその年金不足が句などを計算した上で、年金保険などを提案してくれます。

年金保険は利息が高く、効率的に資産を作る手段になっています。中立的に年金保険を紹介してくれる窓口も存在するため、勧誘が気になるなら直接保険会社へ問い合わせるのを避ける方法もあります。

個人年金に加入すると税金の控除を受けられるのも魅力です。

婚活では大きな武器になるポイントになる

老後への備えは婚活でも大きな武器になります。何の備えもしていない人間と結婚した場合は、それだけ将来に向けて貯金をしなければならなくなります。

男性の場合は自分が亡くなった場合はどうするかまで考えてしまうケースが多く、生命保険などの負担が重くなってしまう場合もあるのです。

依存性が低ければ、破談になってもやり直せるというのもポイントです。婚活はうまくいくことを考えがちですが、実際に交際を始めてから相手のアラが目立ち、駄目になってしまうこともあります。

経済的な依存度が低いほど相手を冷静に見ることができるため、駄目だと思ったらより良い相手を探すことも大切なのです。

-コラム

Copyright© 婚活コンムス , 2017 AllRights Reserved.