男女で脈ありのサインは違う部分がありますが、それ以上に個人差があります。恋愛経験が少ないと勘違いしてしまうこともありますが、勘違いでも良いので踏み込むことが重要です。婚活も同じで、押していくことがプラスになるケースが多いのです。

男女で脈ありの婚活サインは違う?次につなげるためのポイントは

更新日:

男女で脈ありのサインは微妙に違う部分があります。

女性の方が男性よりもコミュニケーション能力が高い傾向があり、駆け引きを持ち込むことが珍しくないからです。

ただし、あまり深読みしすぎてもチャンスを逃すだけになります。

無理に把握しようとするよりも、踏み込んだ方がプラスになる場面は多いのです。

脈ありと確信しても外れるケースはある

脈ありと判断した異性を口説いた方が、恋愛はうまく行く傾向があります。

ふられるリスクを避けるためには事前のコミュニケーションが重要で、脈があるかどうかしっかり確認する必要があります。

ただし、脈があると確信しても外れるケースがある点に注意が必要です。

これは感情表現の方法の違いによりすれ違いが発生している場合や、タイミングによる気持ちの変化が存在するからです。

思わせぶりな態度で自分を高く売りたい人もいるため、実際に告白してみないとわからない場合があるのです。

また、タイミングを逃すと気持ちの変化が生じてうまくいかなくなることもあるため、チャンスを逃さないようにすること大切です。

結婚が絡むと脈ありだけでは進めなくなることもある

相手が脈ありでも、結婚が絡むと話が進まなくなるケースもあります。

結婚の場合は相手の親や環境といった要素が影響するため、一つ一つ問題を解決しなければいけないからです。

結婚を迷う理由を解決しなければ、交際まで至らない場合もあります。

人によっては恋愛と結婚が結びついていることもあるからです。

条件をクリアしてでも一緒に痛いと思う相手であれば、努力して何とかするのがおすすめです。

しかし、割に合わないのと思った場合は相手をかえるのも一つの方法です。

相手の家族との折り合いの悪さが原因で破局するケースなどもあります。

無理にあわせない方がよいことは多いのです。

婚活の場合は攻めの姿勢を重視した方がプラスになる

婚活は恋愛と共通する部分がありますが、まずは攻めた方がプラスになります。

積極的に好意を示すことで相手に脈が生まれることは珍しくなく、探り合いに時間をかけすぎても時間の浪費になることがあるからです。

勘違いでも踏み込んだ方が話が進みやすくなります。

課題の確認にもなるため、積極的に話を聞く姿勢も重要になります。

反応が鈍い場合は、別の媒体で婚活をしてみるなど選択肢を増やすことも大切です。

多くの人の中から比較しないとわからないこともあります。

結婚がゴールではなく、その先の生活を考える必要があるため、脈のありなしに執着しないことも重要なのです。

-婚活コラム

Copyright© 婚活コンムス , 2018 All Rights Reserved.