農業の近代化が進み、効率的な経営で大きな収益が見込めるケースは珍しくなくなりつつあります。結婚相手としての需要も強く、売りになる場合があるほどです。ただし、婚活時にイメージのズレがあると話がこじれるため、注意も必要なのです。

結婚相手として農業従事者は人気?しかしイメージの違いには注意が必要

更新日:

農業といえば泥臭く儲からないイメージを持っている人がいる一方で、近代化された設備を利用し、大きな収益を上げる農家も存在します。

農業法人を運営し、一般的な会社員よりも恵まれた環境で働いている人もいます。

収入が高ければ恋愛などにも有利になりますが、相手に要求するものは慎重に選ぶ必要があるのです。

農業が苦しいからと相手を探しても徒労に終わることが多い

農業を営む人が結婚相手を探す場合には、探す目的を考える必要があります。

まず、農業が苦しい状態で相手を探しても見つからないのがポイントです。

結婚相手として農業従事者は人気?しかしイメージの違いには注意が必要

収入が低い場合や、将来性が見えない状態では相手が応じるメリットがないからです。

都合のいい相手を探すということは、安価な労働力を探すのと同じことです。

まずは相手にどのようなメリットがあるかを考える必要があります。

農地や地方の住宅は資産価値が低くなりやすいことにも理解が必要です。

まずは経営方針を見直すなど建て直しが重要になる場合もあるため、どのように資産を活用するかも含めて検討した方が良いのです。

農業を手伝ってくれる相手が見つかるとは限らない

恋愛から結婚が視野に入っても、相手が農業を手伝ってくれるとは限らないことに注意が必要です。

農業だけで食べていくことが難しい状態であれば、相手の将来のキャリアについても考える必要があります。

無理に農業を手伝ってもらうよりも、人を雇って効率化するなど、身内に頼らない経営を考えた方がプラスになることも多いのです。

最初から農業を学んだ人の方が能力的にも優れていることがあるため、比較検討の余地はあります。

将来の見通しが立て辛い世の中だからこそ、夫婦でリスクを分担するなど、考え方自体を柔軟にしないと相手を探すのにも苦労するのです。

婚活時は条件を明確にすることも大切になる

婚活をする際は、農業従事者の視点ではなく、相手の視点で考えることが大切になります。

農業が好きで家に入ってくれる人だけではなく、自分のキャリアと結婚の両立を目指したい人もいるからです。

選択肢を提示できなければその時点でほとんど相手がいなくなる場合もあるため、慎重に考える必要があります。

家事も農業も人を雇うという選択肢があるため、条件として提示できるだけで経営者としての能力をアピールできます。

保守的なイメージがマイナスになることもあるため、思考を柔軟にすることが大切なのです。

合理化を進めないと農業を続けていくことが難しいケースがあるため、シビアに考えることも大切になります。

-婚活コラム

Copyright© 婚活コンムス , 2018 All Rights Reserved.