シングルで育児をしていると、子育てに疲れてしまうことがあります。そんな時に良いパートナーがいればと思うことはあっても、なかなか恋愛に踏み出せないケースがあります。しかし、婚活では必ずしもマイナスにならず人格面の評価に繋がることもあるのです。

育児中は恋活や婚活できない?それでも意外と再婚者が多い理由とは

シングルで育児をしていると、子育てに疲れてしまうことがあります。

そんな時に良いパートナーがいればと思うことはあっても、なかなか恋愛に踏み出せないケースがあります。

しかし、婚活では必ずしもマイナスにならず人格面の評価に繋がることもあるのです。

育児中は恋活や婚活できない?それでも意外と再婚者が多い理由とは

子育てをしていると、ふと人に頼りたくなるときがあるものです。

離婚や死別などが原因で、一人で子育てをするシングルマザー、シングルファザーは多くいます。

育児をしていると恋愛はできないとあきらめがちですが、意外と再婚を決め、幸せになるカップルは多いのです。

育児をしていることがプラスに働くこともある

育児をしていると生活などへの負担が重く、恋愛にとってもマイナスだと考えがちです。自分は子供に愛情があるから大丈夫でも、相手が他人の子供を愛してくれるのかと不安になることも多いのです。

確かに、子供がいることで恋愛対象から外されてしまうケースもありますが、あまり気にする必要はないのがポイントです。

なぜなら、自分を評価してくれる層に絞って相手を探した方が健全だからです。無理をして相手を探すよりも、育児の実績があり、虐待などをしていないことを評価してくれる人もいます。

育児をしていることを評価し、積極的に良いところを見つけてくれる人の方がうまくいく可能性が高いのです。

育児をしているなら信頼関係を重視する方法

育児中でも恋愛がしたいと思う人はいますが、恋愛をすると感情に振り回されがちな点に注意が必要です。相手に惚れるポイントを誤ると、判断を間違い、さらに生活が苦しくなる可能性があるのです。

好きになるにしても将来性などを踏まえ、慎重に判断する必要があります。

恋愛ではなく、信頼関係を重視して結婚を目指す方法もあります。経済的な安定性や、家事への協力度で相手を選んだ方が、生活が楽になるからです。

同じようにシングルで子育てをしている人と協力する道を選ぶ人もいます。もちろん人間性を好きになれるかは非常に重要なポイントですが、信頼や尊敬の感情を優先した方がプラスになりやすいのです。

相手に養って貰おうという意識は捨てた方が良い

注意したいのは、相手に養って貰おうという意識が出てしまうと、敬遠されてしまうことです。経済的に余裕を持っている人はごく一部で、子供と妻を食べさせていける人と出会える確立は絶望的に低いのです。

また、常に子供がいない人と比べられる可能性があり、高望みをするほど状況が改善されにくくなります。

大切なのは、対等な関係を目指すことです。自立心が強い人は、それだけで異性からの評価が高くなります。パートナーがいなくなったときに子供がいることを考えれば、ある程どちらも働く能力があった方が安心です。

経済感覚の鋭さも大きな武器になります。子供の将来を守るためにも自衛意識は大切になるため、自分の欲求を最優先しないように気をつける必要があるのです。

婚活をするなら条件を求めすぎないのがコツ

恋愛対象ではなく、結婚を視野に婚活をするのは非常に現実的です。結婚相談所や、婚活サイトを利用すればそれだけ結婚に真剣な人が集まりやすく、無駄な時間を減らすことができます。利用料金を考えても、パートナーが見つかることを考えれば十分におつりが出るケースもあります。

大切なのは相手に条件を求めすぎないことです。条件をゆるめにして、会話を重ねることや、どんな人が多いかを確認した方が結果的に良い選択をしやすいからです。

最初からハードルをあげてしまうと、消去法で考えて煮詰まってしまいがちです。条件にこだわりすぎると相手の人柄を見ることもおろそかになりがちなため、偏見を持たない努力も大切なのです。

-コラム

Copyright© 婚活コンムス , 2017 AllRights Reserved.