面接に強い人は恋愛にも強い傾向があります。他人に自分の魅力をアピールする力が強く、自分の武器を生かしやすいからです。ただし、読み違えが発生しないように注意が必要です。婚活でも生かせるスキルになるため、ある程度意識した方が良いのです。

面接に強い人は婚活にも強い?ポイントはアピール力にあり

更新日:

一対一、あるいは一対多数でアピールを行う面接の技術は、人生において武器になる場合があります。

プレゼンテーションにも応用が可能で、自分の魅力を相手にわかりやすく伝えることができるからです。

恋愛においても生かせる技術のため、たまには見直してみるのも方法です。

面接の技術は生かせる場所が多いのがポイントになる

面接の技術は、相手のニーズを読み取り、自分を売り込む技術になります。

営業であれば自分でなく商品を売り込む、自分の人柄を売り込んで取引につなげるなど、応用範囲が広いのが魅力です。

各種交渉や商取引はコミュニケーションがベースにあり、その上で商品の魅力や信頼が重要になります。

面接のスキルを磨いておけば得をする場面も増えるのです。

営業力が利益に直結するケースは珍しくなく、必須のスキルとなっている場合もあります。

ただし、コミュニケーションに苦手意識をもっている人がいるのも事実です。

この場合は自分の武器を見直すなど、技術よりも自信の回復を優先するのがポイントになります。

面接の常識が変わっていることにも注意が必要

面接の技術を磨く場合は、常識が大きく変わっていることにも注意が必要です。

圧迫面接などは時代遅れのものになりつつあり、相手の長所を引き出すことが重要視されつつあるからです。

自分に自信がない人は、どうしても自分が知っている分野のことを話したくなります。

結果的に威圧的になってしまったり自分本位になってしまうことが珍しくなく、注意したいポイントになっているのです。

特に、自分が上位ではなく、対等な立場が求め荒れている場合は言動や行動に配慮する必要があります。

自分のニーズを満たすために相手を利用することが内容に、バランスをとることが大切になるのです。

ネット婚活も面接の技術が重要になる場面が多い

婚活も面接の技術が重要になる場面が多いことで知られています。

結婚相談所ではまず面談から始まります。

結婚相談所を避けても、婚活パーティーでも一対一で限られた時間内でやりとりをするケースが多く、相手のニーズをつかんだ上で的確にアピールする必要があります。

重視したいのは柔軟性です。

話題の幅を広げ、時には話を整理する必要があります。

自分が知っている範囲が狭ければ、不特定多数の人と出会う場所での活動は不利になります。

また、興味をもっている態度で話を促し、後で調べるだけでも大きな違いが出ます。

自分の趣味や長所ではなく、懐の深さや話題性をアピールする方法もあるため、相手に合わせて切り替えられれば強力な武器になるのです。

-婚活コラム

Copyright© 婚活コンムス , 2018 All Rights Reserved.