高校卒業後に飲食店で働いていた私は、20代後半になっても独身でいました。結婚を夢見た私は、婚活アプリを利用して婚活を始めるようになります。その婚活で私が経験した、幸せ、失恋、そして結婚。喜びと悲しみが混ざった、私の婚活体験談をご紹介したいと思います。

飲食店で働く20代後半の私が婚活を始めてみた!

更新日:

高校を卒業後、飲食店でウエイトレスとして働き始めた私。

元々、食べるのが好きな事もあり、飲食店でのバイトは向いていたみたいで、20代半ばになる頃にはバイトから正社員に昇格することができました。

そして、20代後半になっても私は飲食店で働いていました。

しかし、さすがにその年齢になると結婚を意識するようになってきます。

でも、私は恋人と別れてから1年以上立っていて、恋愛はご無沙汰だったんです。

今の仕事は楽しいけど、やっぱり将来は不安。

そう思った私は、婚活を始めてみる事にしたんです。

休みが不定期な職業

婚活を決意した私は、まず婚活アプリを始めてみたんです。

最初は本当に出会えるのかな?と疑問に思っていたんですが、結構色んな男性からメッセージが届いて、その内の一人と会う事になりました。

その人は、IT関係の会社で働く同年代の男性Aさんです。

私、飲食店店員という職業柄、清潔感がある男性が大好きなんです。
逆に、髭が伸びっぱなしになっていたり、シャツがヨレヨレだったりすると引いてしまいます。

Aさんは写真で見ただけでもだらしない感じはしなかったし、実際に会った時も予想通り清潔感のある男性で、すぐに好感を持ちました。

単純に話していても面白いし、私が詳しくないパソコンやネットの知識も話してくれて、自分の世界が広がる感じがして彼との会話はとにかく楽しくて。

最初に会った時から、「彼となら幸せになれそう」と感じたんです。

それは彼も同じだったようで、何回もデートを重ねた後に、結婚を前提とした交際をするようになりました。

彼との交際は、本当に楽しい事ばかりでした。

二人共食べるのが好きだったので、旅行先で食べ歩きをしたり。
二人で年越しイベントに参加したり。

本当に毎日が楽しくて、久しぶりに恋の楽しさを感じていたんです。

でも、次第に私達の前に大きな壁が立ちふさがることになります。

それは、「休日が違う」という壁です。

彼は普通の会社員だったので、基本的に休日は土日です。

私は飲食店勤めだったので、必ず土日が休みとは限らないんです。
平日が休みの時もあるし、ディナーの混み具合では帰宅が深夜0時過ぎる事もあります。

この生活サイクルの違いで、私達は徐々にすれ違う事が多くなっていました。

そして、最終的に彼の転勤がきっかけで、私達は別れてしまう事になります。

失恋の苦しみ

Aさんとの別れは本当にショックで、私はしばらく立ち直ることはできませんでした。

結婚も考えていたんですから、当然ですよね。

もう二度と恋愛はできないと思うほど苦しんだ私ですが、友人の「彼より良い男と結婚しちゃいなよ!」という一言で、もう一度婚活をする決意をしたのです。

Aさんとの失恋から約1年。
28歳の私の、婚活再挑戦でした。

婚活アプリで色んな男性と会う

婚活再挑戦を決めた私は、前と同じように婚活アプリで出会いを求めました。

今回は前回のように一人の男性に決め打ちせずに、色んな男性とデートを重ねて、冷静に相手を見極めようと考えました。

自分が気になる男性を選んでは、デートを重ねました。

その結果、何度目かの出会いで、私は一人の男性と出会う事になります。

その人は自動車の整備士として働く、30代前半の男性です。

整備士というとどうしても汚いイメージがありますが、実際に彼にあった時、私は彼に汚いと感じるどころか逆に清潔感を感じたんです。

彼は「整備士という職業だからこそ、清潔さを気にしている」と言っていて、それに凄く好感を感じました。

彼と正式に交際した後、つい先日に彼との結婚が決まりました。

Aさんとの破局から約2年。
私に29歳になっていました。

今の彼のおかげで私はAさんを忘れることができ、新しい第一歩を踏み出すことができたんです。

「笑顔で接客する君が好き」と言ってくれた彼と、このまま幸せになりたいと思っています。

-20代

Copyright© 婚活コンムス , 2019 All Rights Reserved.