仕事を頑張って、30代後半でようやく管理職になったけど、周囲の人達が結婚という幸せを手に入れていた。そんな状態になると、女性はどうしても結婚に焦ってしまいますよね。しかし、実は「30代後半で管理職」の女性は、男性が結婚対象外に見てしまう要素満載の女性なんです。

30代終盤で管理職の女性は婚活に不利ってホント!?

20代の頃、私は恋や遊びを満喫していました。

30代が近づいてくると、徐々に会社でも責任のある仕事を任されるようになり、30代前半では課長職も任されるようになりました。

しかし30代後半、気がつけば同期や友人もどんどん結婚していき、そんな中自分は独身で、仕事では充実していてもプライベートは満足できるものではなかったです。

30代終盤で管理職の女性は婚活に不利ってホント!?

 

仕事だけではなくプライベートも充実したい!と思った私は、30台後半になって婚活を始める決意をしました。
しかし、私の婚活は、とても順調といえるものではなかったんです。

なんといっても若さが最大の武器となる

婚活を始めて、私は様々な婚活パーティーや婚活イベントに出席するようになりました。
それでわかったこと。

「若さは武器!」

今の婚活イベントって、昔とは違って若い女性の参加率がとても高いんですよ。
女性だけではなく男性も若い人が多くて、イベントによっては参加者の平均年齢が20代前半なものもあるほど。
それで、若い女性と30代後半の女性だったら、当然男性は20代女性に行きますよね。

これはもう仕方ない事です。私だって、若い男性と40代男性、この2人にアプローチされたら前者を選びますから。
だから30代後半というだけで、婚活にとっては大きなデメリットになってしまうんです。

実際に私も、婚活パーティーでいいなと思える男性は何人かいましたが、そのほとんどが若い女性狙いでした。
私への態度と若い女性への態度が露骨に違うのは、ちょっとショックでしたね。

管理職女性は気後れしてしまう!?

色んな婚活イベントに参加して若さが重要と気づいた私は、30歳以上限定の婚活イベントに参加する事にしました。
年齢が最初から限定されていたら、若い女性狙いの男性は少ないと考えたからです。

しかし、ここでまた新たな壁にぶちあたってしまったんです。
それは「高学歴の女性を男性は敬遠してしまう」という壁です。
今は女性の社会進出も進んでますが、やはり女性=家庭を守るもので男性=外で働いてお金を稼ぐものという根強いイメージを持つ男性も多いです。

極端な話、結婚相手の女性には自分より下でいてほしいと思っている男性も沢山いるんですね。
その為、女性が自分よりも高学歴や高収入の女性だと、嫉妬というか劣等感を感じてしまう男性も多くて、結婚相手とは見てくれないんです。

私が正にそうでした。
30代以上の婚活イベントで、年齢を言っても趣味や好みを話しても男性は好対応でした。
しかし、私が仕事の話をして、課長職に就いている事を告げると、途端に言葉少なになってしまいます。

最初は「女性なのに管理職なんて凄いね!」と言ってくれるんですが、何故か空気が重くなっていくんです。

酷い人になると、こちらが男性の仕事について聞いただけで「バカにしてるのか!」と言われたこともありました。
結婚相手を探すなら仕事の話は避けては通れないと思うのですが、こちらが聞いただけで機嫌が悪くなったのには正直腹が立ちました。
今思うと、さりげない私の仕事への質問が男性の劣等感を刺激してしまったんだなとわかりますが、それでもいきなりの態度豹変にはかなり驚きましたね。

時間は命より大事な結婚相談所を検討してみては

最終的に私が婚活で気づいた事。それは「婚活にもお金をかけるべき」という事です。
具体的に言うと、結婚相談所を利用しようという事です。

婚活イベントの参加料は良心的ですが、若い参加者も多いので、それが気になってしまう人もいると思います。
逆に結婚相談所の場合、はっきり言って利用料は高いです。

しかしその代わり、自分に合った男性を紹介してくれますし、専任のアドバイザーも付いてきます。
30代後半ならば、婚活イベントで時間を無駄に消費するならば結婚相談所を頼った方がいいと思います。

40代になると結婚がより厳しくなるので、30代後半の婚活にとって「時間は命より大事な物」です!

実際に私も、結婚相談所で紹介された男性とお付き合いをしています。
もし婚活に苦戦しているなら、結婚相談所の利用を検討してみるのはいかがですか。

-30代

Copyright© 婚活コンムス , 2017 AllRights Reserved.