独身生活って、本当に楽しいですよね。特に一度結婚を失敗した後だと、独身生活が楽しくて仕方ないと思います。実際に僕も、離婚した後は好きに使えるお金と時間が出来たのもあって、遊びまわっていました。しかし僕も40歳を過ぎて、もう一度結婚をしたいと考えるようになったんです。そんなバツイチ男の婚活奮闘記です。

40歳の独身バツイチ男が婚活に奮闘する

一度結婚に失敗すると、もう結婚はいいやと思ってしまいますよね。
実際に僕がそうで、30代で離婚してからもう結婚なんて…、と考えてたんです。

自分のお金は全て自分が使えるし、家族サービスしていた時間も自分の趣味にあてられる。
こんな独身生活を、僕は離婚後は満喫していました。

でも、40歳を過ぎて「こんな生活をずっと続けてもいいのか?」と考えるようになったんです。
子供も欲しいし、今が結婚するラストチャンスかもしれない!と思い、僕は婚活をする決意をしました。

バツイチ男が婚活アプリに登録してみた

Facebookのアカウントを持っていたので、まずは婚活アプリに登録してみました。
僕が登録したのは大手の婚活アプリというのもあって、登録者も多かったです。

その中で、僕好みの女性が何人もいたのでアプローチしてみたんですが、中々マッチングまで行けず…。
いざマッチングまでいっても、メールのやりとりが上手くいかなくて、結局相手と直接会うまでにダメになってしまう事が多かったです。
僕自身、離婚後は恋愛から遠ざかってたのもあって、女性が喜ぶ話題や会話の仕方を忘れてしまったというのも大きいかったのかも。
実際に同年代の僕の友人は婚活アプリで上手くいって女性とのデートも成功させているので、問題は僕側にありそうです。
とにかく、婚活アプリでは残念ながら結婚相手には出会えませんでした。

バツイチ男が結婚相談所を利用してみた

婚活アプリで成果を上げられなかった僕が頼ったのが、結婚相談所でした。
婚活といえば婚活パーティーもありますが、正直40過ぎのバツイチ男が今更婚活パーティーで出会いを求めるのもどうかなあという気持ちがあって。

婚活パーティーの方が結婚相談所よりも安く参加できて、お財布には良いんですけどね。
ただ、婚活アプリのように女性との会話が上手くいかなくてダメになる経験はもう嫌だったんで、専任アドバイザーが自分に合った女性を紹介してくれる結婚相談所を選びました。

お財布には厳しかったけど。。。

そんな経緯で結婚相談所を初めて利用した僕ですが、とにかく結婚相談所は提出する書類が多い!
本人証明書だけではなく収入証明書まで提出しなければいけないのは、驚きました。
ただ、実際に利用するまでに手間とお金がかかるのもあってか、結婚相談所に紹介された女性は信用できる、と思えるのは良かったですね。

結婚相談所で何人かの女性を紹介されたんですが、全ての女性が本気で「結婚」を意識していましたし。
また、結婚相談所に登録してわかったのが、「バツイチでもそこそこ需要がある」ということ。
古いイメージがあって、バツイチだと男女共に婚活には厳しいというイメージを持ってたんですが、そんな事はなく。

結婚相談所にはバツイチ男女も多く登録している感じがしました。
実際に、僕もバツイチ女性を何人か紹介されましたし。
バツイチ=悪というイメージはもう昔の事なんだな、と知りました。

バツイチ男がバツイチ女性と出会ってみたら

結婚相談所に女性を紹介してもらった僕は、その中の一人と交際を始めるようになりました。
その女性は、僕と同じようにバツイチの30代女性でした。

なぜその女性が気に入ったのかというと、それは「離婚の痛み」をわかっていた女性だったからです。
少し前までは独身生活を満喫していた僕ですが、離婚直後はそれは荒んでいました。

一生を共にすると誓った女性と結婚して数年で離婚してしまったわけですから、それはもう気持ちも体もキツかったです。
僕が交際を始めた女性はそんな僕の気持ちに理解を示してくれて、「辛かった気持ち、わかります」と言ってくれました。
その言葉だけで、僕の気持ちが少し楽になったように感じたんです。

彼女の結婚相手に求める条件が「裏切らない人」なので、何となく彼女が離婚した理由も察しましたし。
お互い「離婚」という苦しみを経験しているのもあって、一緒にいてもとても居心地が良いんですね。

今は交際の段階ですが、僕は彼女と結婚したいという意志を持って交際をしています。
40代前半のバツイチ男だけど、1度目の失敗を反面教師にして、2度目の結婚は絶対に成功させたいと思っています。

-40代

Copyright© 婚活コンムス , 2017 AllRights Reserved.