昔のお見合い結婚の現代版の感のある婚活サイトなどを利用しての婚活結婚です。これって普通の恋愛結婚に比べて離婚数はどうなのでしょうか。実は結婚を視野に入れての、前提としてのお付き合いということだけあって、恋愛結婚よりも離婚率は低いのです。婚活しての結婚でも結婚後の行動によって離婚率は変化するのです。

近年の低所得と恋愛観が離婚率上昇のカギを握ることになり兼ねない

投稿日:

現在日本の離婚率はかなり高い感じと思いますが!

昔の日本の場合でも、それなりに離婚というものはありました。

いわゆる、3年子無きは去るなどで離婚ということ、結構あったのです。

特徴としては、昔の離婚は男性の都合でということが多かったと言うことですね。

では現在の日本の離婚の状況はどんなものでしょうか。

一時はかなり高くなった離婚率も、このところ落ち着きを見せ始めています。

それでもやはり30%前後の離婚率が見られるというのは、かなりのものですね。

3人か4人に1人、離婚しているということになるのです。

しかしこの離婚率、単に結婚している人全体ではなく、恋愛結婚している人と婚活の結果の離婚で見てみると、結構差が出ているのも事実なのです。

恋愛より結婚が離婚率が高いって聞いたけど本当?

大恋愛の末に結婚した人たちが、数年後に離婚などということ結構聞きますね。

どうしてと不思議に思う反面、あれだけ大騒ぎして結婚したのにこれだけしか持たなかったのか、などとも考えてしまいます。

実際昔のほうが離婚率低かったというのは、何も家どうしの結びつきを大事にしたからだけでもないのです。

結婚は個人の問題ではなく、家どうしのつながりを目的とした時代は、それこそ離婚は少なかったですね。

子供が生まれないということで、女性ばかりが割りを食った時代もあったものの、それでも離婚率は低いものでした。

加えてそれ以降、当人たちの意志が結婚に反映されるようになってからも、近代までの離婚率は今ほど高くなかったのです。

この理由の1つが、お見合い結婚の存在です。

恋愛結婚だと一時の盛り上がりの末、一緒に暮らしてみたら実は、ということがないとは言えません。

しかしお見合いの場合、結婚相手として観る、何年もこの人と暮らすことになるという意識、そして知人からの紹介と言う心強さもありました。

結果これらが、恋愛結婚よりも長続きする原因にもなったでしょうね。

現代のお見合いである婚活も離婚率は恋愛結婚より低い?

今ではお見合いは廃れたような感がありますが、実は婚活、これお見合いの一種であることは間違いありません。

昔の、親戚のおばさんが紹介縁結びしてくれていたところを、婚活サイトや結婚紹介所がやってくれているのです。

つまり広義の意味でのお見合いなんですね。

そして婚活サイトの利用者は、結婚が最終目的で参加してきます。

これから、できれば最後まで一緒に暮らしていく人を探しに来るのです。

恋愛のような一時の熱だけでなく、趣味や話題なども合う人とのマッチングから始まりますので、結婚後も大きなすれ違いがなくて済むのです。

というよりも、そういった人を選ぶ場が与えられているということなのです。

婚活の末の結婚での離婚率ってどの程度?数字でわかるものかな?

では実際に、婚活の結果の離婚率を見てみましょう。

これも実は統計としてはっきりとした数字は出ていないのですが、ある婚活サイトによれば10%程度だと言います。

もちろんこの数値は、そのサイトでの婚活で出た数値という可能性もありますが、それでもかなり少ないですね。

これはやはり、結婚目的で将来も見据えての相手探しの結果と言えるものです。

しかし10%と言う数値、30%に比べるとすごく低いように見えてますが、それでも10人に1人の離婚率です。

油断はできない数値であることに、変わりはありません。

この数値を上げることの原因の1つにならないように、結婚してからの努力がまた大切なのもまた事実です。

現代のお見合いとも言える婚活ですが、昔のお見合いと違って親戚の誰かがというようなことはありません。

その分自由に相手も探せますが、何かあった時の保証もないと言う感じですね。

結果離婚にならないように、しっかりと相手お見極める目を持って婚活に参加することが、離婚率を低くすることにも繋がります。

婚活での結婚は離婚率が低いと言うけど他にも気をつけたいこといくつか!

昔の人いわく、結婚は忍耐の同義語、だそうです。

実際のところ、恋愛感情だけではこれまで別の暮らしをしてきた2人が、一緒に暮らして何もトラブルが起きないと言う保証はありません。

互いに努力して接点を見つけて、妥協点も探して結婚を持続させていくのですね。

それをつい怠ってしまったり、恋愛中は互いの性格にも十分に目が行かなかったりした結果、恋愛結婚での離婚率が高いということになっているようです。

婚活サイトなど利用しての婚活の末の結婚の場合、出会いの時から恋愛優先ではなく結婚優先に考えている人のほうが多いのです。

なので、すでに趣味などの最低限の一致のマッチングは行われているので、この先何十年もこの相手と暮らせるかの見極めを、直ぐにできるのが強みです。

サイトでマッチング、意気投合できたのでデートとなったら、相手の性格などもしっかりと見極めることがその後の結婚の持続にも影響してきます。

離婚率は決して高くないはずの婚活による結婚ですが、それでも相手をお付き合い中によく観察、知ろうとしなければ結婚した後に問題が起きたりします。

また結婚後の相手への理解も、これも婚活中と同じく知ろうとする努力が大事ですね。

そうすれば一層、婚活での離婚率の低さがキープできるのです。

-婚活コラム

Copyright© 婚活コンムス , 2019 All Rights Reserved.