35歳以上の女性が子供を産む場合には高齢出産となり不妊などのリスクが大きいですが、それでも旦那やパートナーの理解があれば妊娠することも不可能ではありません。そこで高齢出産の出産リミットは何歳までなのかを解説し今後のライフプランへと役立てるようにしていきましょう。

婚活にも影響を与える高齢出産ができる出産リミットは何歳まで?

投稿日:

そもそも高齢出産における出産リミットとは一体どういうものなのか

30代後半や40代を迎えた女性にとって子供を産むことは高齢出産をするということを意味しています。

昨今では晩婚化が進みそれほど高齢出産が珍しいものではなくなったイメージを持たれる方も少なくないと思いますが、それでも高齢出産にはある程度のリスクは付き物となっていきます。

そもそも高齢出産には妊娠ができない不妊であったり染色体異常のリスクなども考えられておりリスクを承知で出産する人もいますが、現実的にはそのようなリスクを負える人は少なく、出産リミットは明確に存在しているといっても過言ではありません。

出産リミットは35歳を境に訪れる

そもそも高齢出産とはどういうことを指しているのかを整理してみましょう。

高齢出産の定義は実はWHOで明確になっており、35歳以上の初産か40歳以上で2人目以降を出産することと定義されているのです。

つまり35歳を迎えて初産を経験していない人は高齢出産となっているのです。

かといって35歳になると突然高齢出産のリスクが急激に高くなるのかというとそういうわけではありません。

女性の体内では30歳を超えたあたりから少しずつ卵子の劣化が始まっていき、35歳を境に卵子の質が一気に低下してしまうことにより妊娠が難しい状態へとなってしまうのです。

つまり35歳が超えてしまうと妊孕性が低くなってしまうということです。

妊孕性とは簡単にいうと妊娠しやすさという意味ですが年齢を重ねれば重ねるほど、妊孕性は低くなり、特に35歳を超えてくると妊孕性が極端に少なくなってしまうケースが殆どです。

35歳を超えてからでも出産することは全然可能である

では35歳が出産リミットなのかというとそういう訳ではありません。

35歳を過ぎてもパートナーの理解があればまだまだ出産をしていくことは可能です。

妊娠率では25歳以上で40%、30歳までが37~38%という数字で、40歳で20%、43歳で10%となっているのです。

つまり35歳以上でも30%ぐらいの方が妊娠しているのが現状で心配する必要はないのです。

このような具体的数字を見ていくと35歳以上でもまだまだ可能性がありますし、場合によっては40代でも出産することは可能と言えるでしょう。

ただこのような数字を具体的に見ていくと35歳以上でも出産することへ希望が持てますが、同時に明確な出産リミットも見えてきます。

上記した妊娠率は44歳で10%を割り込み、さらに45歳以上は5%以下となってしまうなどほぼ0%となってしまうのです。

このようなことを勘案していくと、どうやら高齢出産における出産リミットは45歳ではないかということになるのです。

しかし45歳以上が全く妊娠できないかというとそういうことではないですし、50歳でも出産されている人もいますが、婚活時期を考えたならば45歳というのが一つの出産リミットといえるでしょう。

45歳という出産リミットから逆算して妊活する必要がある

上記したように妊娠率は45歳で止まっていることから科学的な出産リミットは45歳までとなっているのが現状です。

これを裏付けるように日本産婦人科学会では卵子提供によって行う妊娠も45歳をリミット上限としているので、出産リミットとして45歳というのは妥当な数字だと考えられています。

この45歳という出産リミットが訪れて生殖可能年齢が過ぎても、理論上は50歳でも妊娠することは可能です。

ただ現実的にはほぼ不可能といってもよく、万が一妊娠できたとしても母体の健康へと与える影響は大きいですし、胎児の染色体異常などのリスクも20代30代で出産するのとはリスクが大きいしぐるのが現状です。

ですので科学的な45歳という出産リミットを念頭に入れておきながら、妊活から妊娠そして出産までプランを組み立てていくことが重要です。

そして子宮頸がんや筋腫内膜症など検診を受ける事や健康的で規則正しい食生活を送る事によって卵巣年齢を若く保つことが重要となっています。

高齢出産による出産リミットは婚活にも大きな影響を与える

出産リミットの問題は実は婚活においても大きな影響を持っており軽視することができません。

婚活において多くの男性は子供が欲しいと願っている人が少なくなく、そのような場合には20代後半から30代前半の女性がターゲットになり、30代後半から40代の女性は始めから選択肢に入っていない場合もあるのです。

しかも高齢出産は経済的負担が大きいとされており不妊治療にかかるコストは高額になっていきます。

例えば体外受精を実施した場合には子どもを出産するために発生する医療費は30代前半で150万、40歳で400万、45歳で3700万、47歳で2億以上とされているなど大きなコストが要求されてきます。

つまり出産リミットを考慮した場合にはある程度経済的余裕がある男性でないと支えきれない場合があるのです。

しかしそのような経済的余裕がある男性は20代後半から30代前半の若い女性層を狙っており、また女性からのアプローチも多くなかなかゲットしづらいというジレンマもあります。

このような現象が起こる事により35歳以上の出産リミットを抱える女性は婚活では苦しい戦いを強いられることになります。

しかし高齢出産や出産リミットに理解ある男性も中には存在していますので、焦らず根気よくアプローチすることが重要となってくるのです。

-婚活コラム

Copyright© 婚活コンムス , 2019 All Rights Reserved.