日本には富裕層やアッパーます躁と言われる、裕福な改装に所属する人々がいます。そのような富裕層やアッパーマス層とはどのような人々なのでしょうか?そこで、こうした層に属する人々の特徴についてご紹介したいと思います。また、こうした層では結婚相手を見つける時に良く行われている婚活スタイルについてもご説明します。

富裕層やアッパーマス層の婚活スタイル志向が上昇傾向に向かいつつある

投稿日:

富裕層やアッパーマス層とは何なのかを知ろう!

日本には多くの金融資産を持つ裕福な人々がいます。

そうした人々は層別に分類することができ、裕福層や準裕福層、アッパーマス層と言われる層を形成しています。

そこで、日本の富を集めている裕福な金融資産を持つ人の中でも裕福層とアッパーマス層などについてご紹介してみたいと思います。

金融資産を多く持つ富裕層・アッパーマス層とは何か?

富裕層は資産1億円以上で5億円未満の金融資産をもつ人々のことを言います。

1億円以上の金融資産があれば富裕層と呼ばれ、この層の人々は資産相続をし続けて、子どもや孫の代でも富裕層となる人が多いのです。

それに対して、一般的な金融資産を持つ人はマス層と言われますが、そのマス層より資産額が多いけれども富裕層ほどではないという人々がアッパーマス層です。

この層の人はマス層よりはお金持ちだけれども、遊んで暮らせるほどに余剰資産があるというわけではないというそうだと言われます。

そして、アッパーマス層は3000万円の金融資産があり、年間100万円を30年間続けて貯めていくと、50代くらいでこの層になれるでしょう。

2000万円という老後に必要な資金が試算され、それが話題になってきたという中で、3000万円を保有しているというアッパーマス層はメンタル的にもこうした経済的な点からの負担については心配する必要はないと言えます。

富裕層・アッパーマス層にはなれるのか?難しい?

資産1億円以上で5億円未満の金融資産をもつ富裕層と金融資産が3000万円から5000万円と言われるアッパーマス層などは、日本の金融資産の上位20%を占めていると言われます。

富裕層はその中でも超富裕層に続いて上位2.2%に入っているそうで、この層に入るにはかなりの強運と努力などが必要と言えますが、こうした層の人々は相続によって富裕層に入り続けているという家庭が多いです。

富裕層に入るというのは一般的に考えて、そう簡単な話ではありません。

しかし、アッパーマス層であれば、年間100万円の預金を30年間続けていけば十分可能でしょう。

さらに、30年で達成することが可能ですが、できるだけ早くアッパーマス層になれるためのポイントを押さえることでより早くその層に到達していくことができるのです。

そこで、どのようにすればアッパーマス層に早くなることができるのかということについて続いてご紹介してみましょう。

富裕層になるのは難しいがアッパーマス層にはなるポイントがある

富裕層になるにはある意味、階層が固定的ということが指摘されており、なかなか資産が少ない層からこの層に到達するのは難しいと言われています。

その理由として、富裕層の人々の多くが遺産相続など、親などからの資産を相続したことでこの層に入ったという人が多いということが挙げられます。

しかし、アッパーマス層なら年間100万円の貯金を30年続けていけば到達が十分可能になっているため、この層になるということは現実的な可能性があると言えるのです。

しかし、そうしたスピードをより速くするポイントがあり、こうした点を抑えていくことでより早くアッパーマス層に到達することができます。

そのポイントとして挙げられるのが収入アップと節約、そして投資です。

得られる収入が多くなればなるほど貯金できる金額が増えていきますので、収入増を図り、得られるお金を多くするということが一つ目のポイントです。

次に、節約を行い、支出をできるだけ少なくして、貯金額を増やすということがポイントです。

これら二つの点を抑えることで、貯金額を増やし、できるだけ早く3000万円の貯蓄を行うことができます。

そして、そうした資金を投資し、より大きくすることでさらに到達スピードが上がります。

富裕層やアッパーマス層はどのような婚活が行われるのか?

金融資産を多く持つ人などにとっては、将来の世代へのこうした富の継承という点からも、結婚して子供を育てるということは重要でしょう。

そうした富裕層やアッパーマス層の人々が家庭を持つ時にはどのような相手探しを行っているのでしょうか?
この点については、好ましい相手との出会いから、関係性の構築、そしてプロポーズという流れで婚活が行われるのは変わらないでしょう。

しかし、どのように出会うのかという点はどのような相手を選ぶのかということについては身近な家族などの印象も大切にしながら行われています。

そのため、富裕層は富裕層同士での婚活が、アッパーマス層はアッパーマス層同士の婚活がより価値観の合う相手を探すという点ではよく行われていると言えます。

富裕層であれば、これまで家同士のお付き合いで形成されてきた人脈を用いた婚活などがよく行われていると言えますし、アッパーマス層の人々などは結婚相談所などを活用して、より価値観の合う相手を探すといった方法で婚活などが行われているのではないでしょうか。

いずれにしても、お互いに価値観が合う相手を探すという点で、様々な方法で相手探しが行われていると言えるでしょう。

-婚活コラム

Copyright© 婚活コンムス , 2019 All Rights Reserved.