結婚のための活動「婚活」において、今では「婚活サイト」のようなサービスも増えてきており、多くの婚活中の人々が利用するようになりました。しかし、婚活サイトには全ての人が正直な方ばかりとは限らず、時には結婚詐欺の被害が発生する事だってあります。今回は婚活サイトを利用する上で、相手が嘘を付いている場合など、怪しい点などについてご紹介していきます。

婚活サイトで見抜きたい相手の怪しい点!こんなことがあれば要注意なチェックポイントは?

結婚のために「婚活サイト」を利用するは悪いことではないが「自己防衛」が必要となる?

結婚のために様々な準備や活動をすることを略して「婚活」と表現するようになり、結婚までに自分磨き、自己整理といった様々な活動をすることになります。

そして、結婚のための活動において重要なのが出会いの場であり、婚活において相手が向こうからやってくることはありませんので、合コン、婚活パーティといった出会いの場への出席は大事な活動です。

このように出会いの場を少しでも増やすため、インターネットの発達によって婚活をしている方が集まる「婚活サイト」のようなサービスも見かける様になりました。

しかし、婚活サイトと言えば..

「何だか出会い系みたい…」

「詐欺とかあるんじゃないのか?」

..といった不安やイメージで利用を戸惑っている方もいるでしょう。

やはり婚活サイトと言っても不特定多数の人間が集まる場所に変わりはありませんので、詐欺などに被害にあわないようにもこちらとしても自己防衛するしかないのです。

婚活サイトにおける自己防衛って必要なのか?嫌な思いをする前に確認すべきことは登録前から始まっている!

始めに婚活サイトを利用することは決して悪い事ではありません。

婚活はいつまでもダラガラと続けていると、いずれやる気を失っていったり、どういう人と結婚したいのか?という部分もあやふやになってきてしまいます。

また、婚活サイトによっては婚活パーティを開催していたり、マッチングで合いそうな人を探してくれたりと様々なサービスがありますので、素敵な相手と出会う確率も上がっていくことでしょう。

とはいえ、婚活サイトで素敵な相手を見つける前に重要な事が婚活サイト選びです。

一応、婚活サイトのほとんどがプライバシーマークや特定商取引法といった信用するための要素をしっかり表示しておりますが、それでも悪質な業者による被害が無いわけではありません。

なので、婚活サイトを利用する前に表示確認、料金形態、婚活サイト自体の評判などもしっかりと調べていきましょう。

さらに婚活サイトによって年代層も分かれておりますので、自分と全く年代層が合っていない婚活サイトを利用しても良い相手にめぐり合う可能性はとても低くなるので注意です。

婚活サイトのプロフィールで素敵な人を見つけた!けどそのプロフィール…信用しても大丈夫ですか?

さて、利用したい婚活サイトを見つけて登録できれば次はいよいよお相手探しとなりますが、婚活サイトにおける自己防衛で本当に重要なのがここからです。

婚活サイトによって異なりますが、よくある利用方法がこちらのプロフィール設定などが完了したら、自分の理想的な相手を検索したり、マッチングで紹介されるようになっています。

しかし、中には自分をよく魅せるため、プロフィールに嘘をついている方もいないわけではありません。

では婚活サイトで相手が嘘を付いている可能性がある場合、どういう部分を確認すべきなのでしょうか?

もちろんですが、ちょっとでもよく魅せたいという理由があったとしても、こちらが嘘のプロフィールを書くことがないようにしましょう。

嘘の度合いにもよりますが、やはり婚活サイトでちょっとでもよく相手に思われたいからと言って、嘘を付けば後々自分がトラブルの火種になる可能性があるので、身長を2~3cm誤魔化す程度ならともかく基本的に嘘は厳禁です。

年収をアピールしている人の嘘はもう通用しなくなっている。あなたの年収は本当にその年収なの?

婚活サイトにおける重要なその人の説明書となるのがプロフィールです。

どんな仕事をしているのか?

身長や体重は?

趣味は?

年収は?

..といった、様々な情報が婚活サイトでは記載されておりますが、全てが真実というわけではありません。

どうしても恥ずかしさ、コンプレックス、少しカッコ付けたいからということで、プロフィールには嘘が含まれることがあります。

特にプロフィールにおいてトップクラスで嘘が多い部分として「年収」という部分については、多くの人が気にする部分でありながら、嘘が多い部分でもありました。

さすがに婚活サイトによっては年収の証拠となる確定申告書の写しなどを提出するオプションなどもありますが、それでも基本的にはこちらが自己防衛しなければなりません。

それでは、どうやって相手の年収を見破れば良いのでしょうか?

気になる相手の正しい年収を知りたい場合、仕事内容について突っ込んでみよう!

例として、「20代で年収1000万円」の人がいたとしたらどう思うでしょうか?

年収1000万の人なんてそんなにいるものではありませんし、何よりも20代の若さで年収1000万円は信じがたい話です。

もし高すぎる年収をアピールしている人がいる場合..

どういうお仕事をしているのか?

どんなお仕事内容なのか?

..を突っ込んで質問してみましょう。

高い年収を得られる仕事は非常に限られており、高い専門性や知識、技術が求められることがほとんどです。

そのため、本当に高い年収を得ているなら自分の仕事内容もしっかりと相手に説明できるはずなのです。

しっかりと熱く、詳しく説明できている方ならばその年収も信用できるかもしれませんが、もしもはぐらかしたり、どこかのサイトのコピペでも読んでいるような回答なら要注意です。

他にも相手の嘘を暴く方法はある!しかし、そんなに疑ってばかりも良くない?

他にも相手の嘘を暴く方法は他にもあります。

相手が他にもSNSをやっている(婚活サイトによっては他のSNSとの連携をしていることもある)なら、そちらのアカウントなどを確認して普段どんなことを発信していたり、コメントしているのかを確認するのは良い材料となるでしょう。

また、源泉徴収票や確定申告、卒業証明書、既婚やバツイチを隠してないことを示す書類を提出するなどのオプションを用意している婚活サイトもありますので、それらをしっかり提出しているかも信用材料です。

結論としては「怪しい」「変だな?」と思ったら、気になる相手でも手を引く肝心さが詐欺などに合わない最大の防衛術です。

とはいえ、完璧に嘘を見破るのは非常に難しく、何でも嘘だと思っていると人を信用できなくなってしまいますので、気張り過ぎないこともまた大事です。

更新日:

Copyright© 婚活コンムス , 2018 All Rights Reserved.