婚活においてプチ整形は有効なのかどうかを紹介していきます。現在は割とメジャーな存在となった美容整形ですが、一度やってしまうともとに戻すのは難しく、バレた時にはダメージが大きくなることも。プチ整形は色々な注意点が存在しているので安易な決断は避けるべき。考えたいポイントを押さえておくのがオススメです。

婚活にチャレンジしたいけれど容姿に悩みやコンプレックスがあるならプチ整形!

投稿日:

婚活にチャレンジする時にプチ整形をするか悩んでいる方へ

なんとか結婚したけれど、自身の容姿に悩みがある時には、中々前向きな気持になれないかも知れません。

相手の目が気になってしまうようだと、対応もネガテイブになってしまい、悪い印象を与えかねないものです。

できればプチ整形で容姿を整えて、前向きな気持でアタックしたほうが良い結果が得られる可能性はありますが、バレた時のことなど気になる点は多いはず。

そこで、今回は結婚を目指す際のプチ整形のメリットと注意点について、見ていきましょう。

婚活するときにプチ整形を考える方が多い理由について

実は結婚を本気で考えるまでは、整形なんかしなくても良いと感じている方は多いようです。

ところが、いざ婚活を初めてみると、なかなか思うように進展しないために、プチ整形を検討するケースが増えてきます。

どのような理由で、そうなるのでしょうか。

色々な理由が考えられますが、やはり、男性からの反応をみて「可愛い・きれいな方が良い」と感じることが多いようです。

婚活においては色々なシチュエーションで異性にアタックしていくものの、どうしても容姿が原因で上手く行かないのではと感じることがあります。

例えば婚活パーティーにおいては、男性はどうしても若くて見た目も良い女性に殺到する傾向があるのです。

好みでないルックスだと、見る方に対応がぞんざいになってショックだったと言う経験は、多くの女性にあるはず。

まずは容姿から選ぶ男性は多いため、自分の見た目にコンプレックスがある女性は引け目を感じてしまいがちです。

また、婚活サイトでは最初は自分の写真を非公開にしておいて、仲良くなったらお互いに顔写真を見せあうと言うのも一般的です。

ところが、現実はなかなか厳しいものがあり、顔写真を渡した途端、連絡が途切れてしまうケースがままあります。

これが続くと流石に、精神的にはこたえるものがあるでしょう。

なお、結婚相談所では面談になる前に書類選考が設けられることがありますが、これも容姿が原因で落選しているのではと疑われるケースもしばしば。

基本的には、これらの問題が生じたタイミングで、プチ整形を考える方が多くなってくると予想されます。

結婚に関する事情の変化とプチ整形の関係とは

昔の日本では男女は結婚することがあたりまえで、妙齢の男女が独身だと、家族や親戚が世話を焼いて、なにかと縁談や見合いの話がもちあがりってくるのが当然でした。

ところが現代は事情が一変しており、「別に結婚しなくて良いや」と言う風潮が男女ともにあります。

これまでに比べて結婚願望が薄い方が増えているため、自然と婚活の際にもハードルが上がっていると考えて良いでしょう。

下手に結婚するくらいなら一人の方が良いと考えている方も少なくないため、理想に近いパートナーが現れない限りは、積極的にならないケースも多いのです。

このために、男性サイドとしてもある程度の美人を求めており、これに応えるためにプチ整形が選択肢となってきているようです。

なお、ある程度美人であっても、更に美に磨きをかけて、ワンランク上の男性を狙いたいと言う考え方もあります。

相手に対して高い水準を望むのは女性の方も同じですから、容姿を改善することで更に高収入で条件の良い男性を目指すのは、ある程度は自然なことと言えるでしょう。

思い切って整形する前にやっておいたほうが良いこと

結婚を考える上でプチ整形の需要は高まっていると言えますが、安易に決断するのは避けるべきです。

なぜなら、一度やってしまうと後戻りが難しく、後悔する結果になりえるためです。

整形を決断する前には、別のアプローチを試していくのも悪くはありません。

それでも駄目だった時に、改めて検討してみてはいかがでしょうか。

まず、モテる女性は確かに見た目が魅力的なことが多いですが、性格的に親しみやすく、気軽に話せる女性と言うのも人気が高いものです。

やはり、一緒にいて楽しい・気疲れしないと言うのを重視する男性は少なからずいます。

対策としては話術を磨いたり、楽しく会話できるような工夫をしてみてはいかがでしょう。

他にもサイトの写真交換で駄目だったケースですが、これは撮影方法が良くないのが原因かも知れません。

スマホでのセルフィー写真ですと、光の量や角度などに問題が生じ、実際よりも老けたり無気力に見えることが多いのです。

このため、プロのカメラマンに撮影してもって、自然で表情も良いものを用意してみましょう。

メイクや髪型に気をつけることも大切です。

とにかくまずは、コンサルタントと相談しても良いですし、自分のできる範囲で努力してみましょう。

整形をしてしまうと、元に戻すのは難しかったり、バレた時のダメージが大きいなどのリスクがあります。

現代では整形はポピュラーにはなりつつありますが、それでも抵抗を感じる方は男女ともに少なくありません。

整形だと判ったら別れたいと感じる男性も少なくはないので、慎重に考えるべきでしょう。

やるならプチ整形まで?実際のところは婚活にプラスなのか

整形に関しては抵抗を覚える方も少なくはありませんが、プチ整形になってくると少々状況が変わってくるようです。

美容整形と言うと顔を切開して器具を挿入するような大掛かりなものが中心でしたが、近年はよりライトな手段を用いることができるようになっています。

例えばヒアルロン酸の注入や、二重まぶたの手術くらいはプチ整形に含まれ、この程度なら許容できると考える男性もあるようです。
特に顔を作り変えるのは問題に感じても、注射などを使うライトなものなら、大丈夫な方も増えてきました。

ただし、二重まぶたの手術はちょっと意見が別れます。

これでも判ったら嫌だと言う方も一定数はありますので、要注意でしょう。

現在はまぶたが下がってくる症状が見られた時に、目の周りを医療目的で整形することが増えてきましたから、これだ理由だと説明している方もあるようです。

プチ整形をする時に注意したいのは、やはり、やりすぎは厳禁と言う点となります。

結婚式に際しては昔の写真やムービーが上映されることが多く、この時に顔立ちが大きく変わっていると、やっぱり気になります。

結婚式でバレなくても、配偶者が卒業アルバムを見たりとか、色々なシチュエーションで昔の写真を目にする可能性があるわけです。
この時に「全然顔が違うじゃないか」となると、本人はプチ整形のつもりでも大事になりえるでしょう。

プチ整形をやるにしても、できるだけ目立たないよう程々にしておきたいものです。

婚活をする時にプチ整形をするかどうか判断できない時には

自身で答えが見つからない時には、婚活コンサルティングと美容クリニックに相談してみると良いでしょう。

婚活コンサルならば自身の魅力を引き出すような方法を考えてくれるはずで、整形をしないでもパートナーを見つけられる可能性が高まるはずです。

イベントを利用したり、お互いの趣味を通して出会いを探すようなタイプに切り替えていくと、自然な形で相手を見つけられるはず。
手段は色々あるので、コンサルに相談しながら理想的な出会いの場を検討してみるのがオススメできます。

それでも充分ではない時には、クリニックに相談してみると良いアドバイスがもらえるかも知れません。

とにかく手術をして自信を持とう、と言うような営業最優先の医師だと困りますが、親身になって色々と相談に乗ってくれる相手が見つけられると、良い結果が期待できます。

できるだけバレずに処置する方法など、工夫してくれる場合もあるはずです。

他にも美容室やエステでも、容姿を改善することは目指せます。

まずはライトな方法や自分でできる部分から、努力をしてみてはいかがでしょうか。

-婚活コラム

Copyright© 婚活コンムス , 2019 All Rights Reserved.